東京 南青山 創業1989年、13万人の実績。土日祝日も営業、表参道駅から徒歩1分

十全治療院[ 東京 南青山 創業 1989年 ]

整体/カイロプラクティック

受付時間

受付時間※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

受付時間
10:00~19:30×××
CLOSE

体の悩みと原因

その他 体の悩み/症状:スポーツ整体

スキーと骨盤のゆがみ矯正

骨盤の歪み矯正により体軸のズレを修正して、スキー上達に !

体軸のバランス 整体効果がスキー初心者の上達につながる

スキーを快適に滑るのには、緩急斜面を問わず、体のバランスが大切なのですが、特に重心の安定を図るのに、股関節から→足首→足底感覚(フットバランス)、この連携が重要です。

骨盤の歪みがあると股関節の位置も狂い、股関節の痛みを伴うことがあります。
そして股関節の歪みからO脚・X脚も併発していますから、スキー板を並行に揃えて保つのは困難を極めますので、これも重心が不安定になる要因の一つです。

左右(山足・谷足)のエッジを自由自在に使いこなす・・・・これはリズミカルなターンを行うには、欠かせない要素ですが、やはり体のゆがみがあれば、中々うまく運びません。
ターンが不安定でなく快適にスキーを滑るのには、シンメトリーなボディが理想です。

雪面は千変万化ですし、しかもスピードがついて滑っている訳ですから、視覚よりも足底感覚で雪面を捉えるフットバランスが重要ではないでしょうか ?

同時に足首・膝・股関節は車に例えるとショックアブソーバになりますから、雪面の凹凸による体の振動を吸収して、状態が揺れないように、これが更に安定した滑りに繋がっていく訳です。

ゴルフのページでも述べましたように、スキーにおいても足の指で地面を掴む感覚が必要ではないでしょうか ?

足の指で直接に雪面を掴むのは不可能ですから、ここではスキーブーツのインナーソールが地面のつもりです。
特に母指球(親指の根元の脹らみ)と小指球(小指の根元の脹らみ)に、体重が掛かっているフットバランス感覚が、適度な前傾姿勢を保つことにもなり重要です。

この母指球と小指球の繊細な体重バランスの使い分け、そして足の指の使い方が上達すると、左右のスキーエッジの緩急自在なコントロールがうまくいき、より精妙なターンが可能になります。

快適に滑りに繋がっていくためにも、股関節・膝・足首からの連携が大切なのは、勿論のことですし、これらの関節の柔軟性も要求されます。

体軸を安定させるのには、インナーマッスルの大腰筋が重要

それから、特に大腿部の付け根と胴体の絶妙な角度を保つことが、股関節→膝→足首→足底感覚へと繋げていく上で重要なのですが、これは腹筋群よりもインナーマッスルの大腰筋が要となって働いています。

この大腰筋は腹部の奥深いところにあり、腰椎の前部から股関節にわたる大きな筋肉であり、普段は殆ど気が付かずに使っていますが、スキー時の姿勢のように股関節で、体軸を浅く折り曲げた時に、上体を支えるように働いている筋肉です。

ところがこのような理想的な事柄は、体がしっかりしていないと机上の空論に陥ってしまい、努力し訓練を積み重ねるということとは、異なった次元での解釈が必要です。

スキー転倒時に多い、尾てい骨打僕

スキー転倒時の尾てい骨強打の後遺症を抱えて、いらっしゃる方がおりますが、スピードが出ている上に雪上で足をすくわれて尾骨強打しますから、尾てい骨も大きく曲がってしまいます。

怪我が改善したり、傷が癒えたりするのは、意識のコントロールによってではなく、全てが本能の働きでなされる訳ですから、このような状態からスキーを快適に滑れる体になる為には、体全体のバランスを整える施術法が求められる訳です。

スケート選手の、上達に貢献する方法

上部頚椎カイロプラクティックは、悪いところには全く手を触れない原因療法であり、一時しのぎの対症療法ではありません。

効果は、全身(頭の天辺~爪先まで)が整う方向へ向かいます。
上記のようなスキーを滑るのに適応した、体軸のブレのない体にも自然に近づいてまいります。

快方に向かうごとに、全身の体のゆがみが改善される法則があります。
目で見て可能な体の部位としまして、顔の歪み矯正の症例写真足指変形と足裏の痛みのページをご参照いただければ幸いです。

さらに、自然修復の働を理解いただくためには、ご来院者からいただきました直筆の体験をご覧いただければ良いでしょう。

快適なスキーの滑りも、上部頚椎カイロプラクティックでフットバランスを整えてから!

分かりやすい、大腰筋のイラスト
大腰筋

ご予約

ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598 ご予約の前に…
受付時間
10:00~19:30×××
月・金・土・日:10:00~19:30
火・水・木:休診日

※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

ページトップ