東京 南青山 創業1989年、13万人の実績。土日祝日も営業、表参道駅から徒歩1分

十全治療院[ 東京 南青山 創業 1989年 ]

自然無痛整体

受付時間

受付時間※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

受付時間
10:00~19:30×××
CLOSE

体の悩みと原因

むくみ・肌荒れ/症状:むくみ

むくみ原因 改善法

循環が良くなり、自然と体が引き締まる、むくみ取り方法

むくみの原因改善法は、体のゆがみ矯正の水分代謝改善

唾液の分泌異常は、体のむくみ原因につながる。

胃腸の水分代謝の改善がなされると自力でのむくみ改善につながります。手足の部分に水分が滞留している状態が手足むくみです。身体全体の水分代謝が滞って、むくみ(浮腫)となって全身に拡がっているものが全身性のむくみで、特に顔のむくみを伴います。

初回のアンケートの中で「むくみ」の項目に、チェックをつけられる方は4割程度いらっしゃいます。これは体調不良に陥るほどに身体の辛さとともにむくみが増してくる傾向が出ているからなのです。

手足のむくみ、顔のむくみ、全身性のむくみ等、様々ですが、手足のむくみは、首の骨頚椎腰骨腰椎の部分にズレがあるのが原因です。末梢の部分に水分が滞留している状態であり、全身性のものは水分代謝が滞って、むくみ(浮腫)となって現れているものです。

矯正後に引き締まって、体や顔が細く見える小顔矯正効果 !

施術後に体や顔が引き締まって細く見えてくることがあります。

これは体全体や顔の浮腫(むくみ)が減少したことや、骨盤のゆがみ矯正がなされて骨盤の周囲が狭くなったO脚矯正効果の表れでもあります。

15種23個の骨のパーツの集合体である頭蓋骨のつなぎ目部分の隙間が埋まる顔のゆがみ矯正も、顔むくみ改善と平行して起こり、頭の周囲が狭くなり小顔になる方法にもなります。

体のむくみ症状改善の結果として、ズボンのウエストがゆるくなったり、小顔矯正が自力で行われた分、頭の周囲も小さくなって帽子がゆるくなり、ブカブカになってしまうこともあります。

顔のむくみは気づかれていますが、頭皮もブヨブヨとしてむくんでいるケースはけっこう多く、指を触れて押さえてみて、初めて、そのむくみの存在に気づきますが、意外と盲点になっています。

むくみがあると体が重くも感じられ、これを運動等によって改善しようとされる方は多いのです。確かに運動も大事ですが、対症療法と同じで運動だけでは、むくみ改善効果は継続ないでしょう。

体の水分代謝が整えば、むくみは自然に改善されます。

これは、こちらで対応できますから、ご安心ください。

慢性的なむくみを改善する方法

全てをコントロールしている脳~脊髄~末梢神経にいたるまでの根幹部分である、頚椎のたった一箇所のズレを矯正することにより、自律神経まで網羅しますから、外部環境に適応できうるような汗腺の状態になり、そして尿の量までも正常化されます。

このような慢性的な浮腫み改善の鍵は、消化吸収の仕組みが正しくなることに尽きます。 消化吸収の始まりである、唾液の分泌異常がむくみ原因の第一なのです。

ここに一番のむくみの原因があるのですが、それは消化吸収の要でありスタートでもある唾液分泌の質と量に起因しています。これは顎関節の位置異常、あごのゆがみ 顎関節症により悪影響を受けています。

つまり、顎のズレが唾液腺を圧迫して、唾液の分泌量を異常な状態にして咀嚼(そしゃく)から排泄にいたるまでの消化吸収のメカニズムをくるわせます。更には腎臓にまで悪影響を及ぼし、血液ろ過もままならず、さらに悪循環に陥ってむくみを発生しているのです。

「私は、汗っかきですが、どうしてこんなにむくむのですか」という反論を投げかける方もいらっしゃいます。 よく観察してみてください、必ず、偏った汗の出方をしているはずです。

例えば、上半身ばかり汗が出るが、下半身はほとんど出ないとか、顔と頭に汗が多いとか、脇の下から腕にかけて多いとかのように、偏って汗をかいていて、滞っている部位もあり、やはりむくみにつながっているようです。

むくみの原因とむくみを招く病気 ~腎臓病や肝臓病はむくみやすいです。

心臓から出た動脈は枝分かれして、その末端の毛細血管が体中の細胞にも酸素や栄養素を送り続けていますが、この毛細血管にも血圧がかかっていますから、血管の中の水分が血管の外ににじみ出ようとします。

しかし、これとは反対に血管の中にはたくさんのタンパク質があって、浸透圧の作用によって水分を血管の中にとどめようと働いています。このバランスが崩れるとむくみが現れることになります。

つまり、タンパク質と水分の浸透圧作用のバランスが崩れると体の水分が異常に増加した状態になり、むくみが現れることになりますが、健康体ではこの両方の力がつり合って等しいのでむくみません。

このタンパク質と水分の浸透圧作用のバランス崩壊を根本から覆(くつがえ)し、正しくするには唾液分泌と唾液成分を正常化し、消化吸収のバランスを整えることに尽きます。これは顎の痛みの元にもなる、顎関節のゆがみが原因となり、顎ゆがみ矯正が解決の糸口になります。

つまり、顎のゆがみが唾液腺を圧迫していると、唾液分泌の量と唾液成分に悪影響を及ぼし、咀嚼(そしゃく)から排泄にいたるまでの消化吸収のメカニズムをくるってしまい、ひいては腎臓にまで悪影響を及ぼし、血液ろ過も十分にままならず、さらに血液の質までも狂ってしまうのです。

これが最終的に、タンパク質と水分の浸透圧作用のバランス崩壊を招き、様々な重い病へとつながってゆく一つの大きな要素になってしまっているのです。

全身のむくみが現れやすい病気として、血管の中のタンパク質の濃度が低下するネフロ-ゼ症候群、毛細血管の血圧が上昇し心臓の働きが低下する心不全、毛細血管がタンパク質や水分を通しやすくなる糖尿病や膠原病などがあげられます。

それ以外にも、肝硬変の腹水がありますが、これは肝臓でタンパク質の産生が低下し、肝臓に流れ込む門脈という静脈の圧が上昇し、特にお腹に水が貯りやすくなります。 

十全治療院の上部頸椎矯正後は、頭蓋骨のゆがみも正されて顎関節の位置も正しくなり、唾液の分泌も正常化されます。
これは事実、訪問者の口元のゆがみが正されて行くにしたがって、顔のゆがみや顔色も良くなって元気になられるという経過をみれば、はっりとわかりやすいです。

成人では1日あたり約1.5リットルもの唾液を分泌していますが、これは1日あたりのお小水と同量の唾液が分泌されていることになります。

唾液の分泌量は膨大な量であるとともに、口には8種類もの唾液腺があって、消化に関しては唾液の質も絡み合っていますので、その質と量のアンバランスにより様々な体の不都合が生じたり、口内乾燥症(口腔乾燥症)に苦しむことにもなります。

むくみ改善を妨害する食べ物と飲み物

(1) 薄味嗜好による塩分不足

1ヶ月にお一人の割合で、こんなケースがあるのですが、いわゆる「塩抜け」になっている状態でむくんでしまっているのですが、薄味の食習慣を持った家庭で育った方が、こうなりやすいのです。 家族の中で高血圧の方がいらっしゃったりして、減塩食の習慣が身について、その時の味覚を引きずっているのです。

そして新しく所帯を持たれた後も、つい薄味になり体の恒常性を維持するのに欠かせない、塩分の必要量が不足がちで、むくんでしまうという悪循環に陥っているのです。

これは、より多く塩分を摂るようにお勧めしています。

(2) 健康食品やサプリメントの悪影響

施術を受けられても、なかなか順調にむくみが消滅してこない場合は、往々にして健康食品やサプリメントの影響を受けている場合があります。これは「注意事項」としてお渡しているプリント中でも説明していますが、やはり長年に渡り、愛飲してこられたからでしょうか、内緒で続けられる方も中にはいらっしゃるわけですが、確実にむくみを生じてしまいます。

最近の例ですが、「○○ダイエット」というダイエット食品を併用されている方がいらっしゃいまして、それを中止したとたんにむくみが改善し始めて、「どうしたの最近、ほっそりしてきたね」と周囲から声をかけられて、ご本人はご満悦の様子でしたが皮肉なものです。もっとも体重の減少は起きませんでしたが、このようにむくみが楽になりますと、体が締まりスリムになれます。

(※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

※ ペットボトル・缶のお茶類を常用しているとむくみが起きやすいようです。何故ならば、お茶は抽出してすぐに飲むべきもので、時間が経つと苦くなったり、変色したりして飲めなくなるのが自然です。時間が経過しても飲めるということは、何らかの添加物が入っているためでしょう。これが水分代謝に影響し、むくみを生じさせているようです。

サプリメントの常用がむくみに繋がることもあります。

唾液腺

ご予約

ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598 ご予約の前に…
受付時間
10:00~19:30×××
月・金・土・日:10:00~19:30
火・水・木:休診日

※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

ページトップ