東京 南青山 創業1989年、13万人の実績。土日祝日も営業、表参道駅から徒歩1分

十全治療院[ 東京 南青山 創業 1989年 ]

自然無痛整体

受付時間

受付時間※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

受付時間
10:00~19:30×××
CLOSE

体の悩みと原因

骨盤のゆがみが原因/足の痛みとゆがみ

足の歪み矯正

フットバランスのくるいは、股関節からはじまっている。

足のゆがみ・外反母趾は股関節のゆがみが原因

ふくらはぎがつることが多くなったり、バランスが悪い不安定な歩き方になるのは足のゆがみが原因です。

歩き方に偏りがあると、左右均等に体重を掛けて歩いていませんから、さらに体がゆがむ原因にもなって悪循環になります。

脚の付け根である股関節ゆがみがあると、つま先までの足の全てがゆがんでしまいます。

歩いている時は、骨盤にある凹んだ臼状の関節窩の中を股関節の球状の関節頭が回転しながら足を運んでいます。

そのため股関節にゆがみがあると、股関節が正常に動かなくなって、足の運び方に異常が起きてしまうのです。

>股関節の痛みのページへ

足の痛みは、股関節ゆがみが原因

※動画に出てくる営業日・受付時間は作成当時のもので、現在とは異なる場合がございます。

外反拇趾は、骨板矯正で軽減する。

外反母趾の改善には、骨盤の矯正と股関節の矯正が特に重要なのです。

詳しくは外反母趾の矯正のページをご覧ください。

>外反母趾の矯正のページへ

特にインナーマッスルである大腰筋と、太ももの後ろ側のハムストリングス筋の緊張が体幹を支えていますから、両者のバランスが足のゆがみに関してもとても重要な要素となります。

外反母趾に限らず、体のゆがみがあると股関節からつま先までの連結がうまくいっていない状態なので、膝関節のゆがみや足首ゆがみもあり、フットバランスが崩れてしまっているのです。

また足の指が曲がっているのは、足の裏の筋が縮んでいて、背骨の両脇の筋肉(脊中起立筋)が緊張しています。

骨盤もゆがんでいて、ハムストリングス筋→ふくらはぎ(腓腹筋)がつる→足底の筋の収縮という形で土踏まずの痛みの原因になります。

そして、この連鎖反応でフットバランスも崩れてしまうのです。

また足の指が曲がっている方は、肩にも強い緊張を伴って肩こりもひどい状態にある場合が多いです。

>肩こりのページへ

ご自身の股関節のゆがみを、セルフチェックをしてみましょう !

仰向けの状態から膝を立てて、膝を少し胸に向かって曲げてみます。

  1. ① 膝の高さに大きく左右差が出ているか
  2. ② 膝頭の大きさの左右差があるか
  3. ③ 膝の皿の形が左右不揃いになっていないか

このような差が大きく出ていると、足のゆがみがありバランスの悪い偏った歩き方をしているはずです。

これを放置していると、体のゆがみが段々と増えてくることになります。

この悪循環を断つためには、「足のゆがみ矯正」の必要があります。

対症療法に頼っているのは、真の修復につながりません。

部分的なゆがみ矯正では、問題解決にいたることはできません。

つまり、直接足のところに手を触れて足のゆがみ矯正をするようなことはしないことです。

ゆがんでいる部分や悪いところを直接矯正するようなことは、医師や施術者が学んだ知識や技術を生体に押し付けているにしか過ぎません。

足のゆがみの根本の原因を改善する必要があります。

首の一点矯正が、足のゆがみを軽減させる。

首の一点矯正を行い、根本の原因となっている骨盤・股関節のゆがみを筆頭とした全身のゆがみの改善を促すことで足のゆがみを矯正します。

ゆがんでいる足を直接手で矯正するようなことは一切いたしません。

>施術の方法と特徴のページへ

つまり、上部頚椎矯正後の状態を維持していくことにより、体調不良が整い元気になっていく過程で体のつらさも楽になっていくのです。

健康になればなるほど体のゆがみもなくなり、シンメトリーに近づいてきます。

全身の骨格を正しい位置に導きます。足の指が伸びたり、顔のゆがみがとれたりするのもそのひとつの表れです。

>顔のゆがみ矯正例のページへ
>足指の矯正例のページへ

ご予約

ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598 ご予約の前に…
受付時間
10:00~19:30×××
月・金・土・日:10:00~19:30
火・水・木:休診日

※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

ページトップ