東京 南青山 創業1989年、13万人の実績。土日祝日も営業、表参道駅から徒歩1分

十全治療院[ 東京 南青山 創業 1989年 ]

自然無痛整体

受付時間

受付時間※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

受付時間
10:00~19:30×××
CLOSE

体の悩みと原因

むくみ・肌荒れ/むくみ

唾液分泌異常がむくみの原因

あごの歪み矯正が、むくみ改善につながる整体作用

「唾液が少ない」、「唾液過多」などの唾液分泌異常がむくみの原因

ご来院の方の顔のゆがみが矯正されていくのと並行して、体のむくみも自然に改善される経過を観察してまいりました。

「なぜむくみも取れていくのか」と、その理由をあれこれと考えていたところ、
ある日、施術を最初に受けに来られた時は唇が乾いて白っぽくカサカサしていた方が、
適度に潤って、ピンク色の綺麗な唇に変身しているのを発見しました。

その時、「なるほど、むくみは唾液が関係しているのだな・・・」と気がつき、
「文光堂 解剖学アトラス」にて詳細を調べてみると、口の周辺には多数の唾液腺が存在していました。

>顔のゆがみ矯正実例(1)のページへ

8種類の唾液腺から、1日あたり1.5リットルの唾液が分泌されています。

大唾液腺である
耳下腺、顎下腺、舌下腺の3つと
小唾液腺
口唇腺、頬腺、舌腺および口蓋腺、洗浄腺
を合わせて唾液腺は8種類あり、成人では1日あたり約1.5リットルもの唾液を分泌しています。

たくさんの唾液が分泌されていて、消化吸収において非常に重要な役割を果たしているのです。
それを裏を返せば、唾液の成分と量のアンバランスにより様々な体の不調和が生じるということで、
「むくみは、唾液分泌の異常が主な原因だった」、ということを発見しました。

口の中に食べ物が入った瞬間、あるいは食事をしようとする行為の前から、
食べ物を見たり想像をするだけで唾液分泌が始まります。
唾液成分と唾液分泌量の異常が、消化吸収から排泄にいたるまでの第一歩のつまずきとなっているのです。

この第一歩が正常ではなくなっていると、唾液がはたらいていない分だけ胃からはじまる、その他の消化器官に負担をかけてしまいます。
これが胃腸などの消化器官の不調を招いてしまうばかりではなく、
水分代謝も不調和になって、その代償が浮腫(むくみ)となって現れてきます。

これは、腸で飲食物から水分を吸収されますから、
消化液が十分に唾液から行き渡っていないために水分代謝が正常ではなくなるためです。

>胃の不調のページへ

顎のゆがみは、唾液分泌の異常を招く

唇が渇いて、カサカサして荒れていませんか ?
唾液が十分に出ていないのかも知れません。

唾液の分泌異常の大元の原因は、顎のズレにあります。
顎関節のゆがみが唾液腺を圧迫しているために、唾液の分泌に異常をきたすのです。

>顎関節症のページへ

顎関節が歪んでいると、むくみ、消化吸収の問題以外にも
顎関節症や口内乾燥症(ドライマウス)などの不調を招いてしまう可能性があるため、
顎のゆがみは放置しておくべきではありません。

>ドライマウスのページへ

唾液の分泌異常は水分代謝をくるわせるため、腎臓にまで悪影響を及ぼします。
腎機能が低下すると血液ろ過も十分におこなえなくなり、更なるむくみの原因になります。

人体の約60%は水分でできています。
腎臓の糸球体を通して毛細血管壁に出入りしている水分は、成人で1日約1トンもあると言われています。

むくみは、さまざまな原因により血管壁から細胞内外に水分が漏れてくることで現れます。

このようなことからも、体の水分代謝が正常に機能していないことがむくみの主たる原因であると言えます。

むくみを解消するのには、唾液分泌の不調和を正すことが第一です。

体内の循環系とむくみ

心臓から出た動脈は枝分かれして、その末端の毛細血管が体中の細胞にも酸素や栄養素を送り続けています。毛細血管にも血圧という圧力がかかっていますから、血管の中の水分が血管の外ににじみ出ようとします。

またそれとは反対に、血管の中にあるたくさんのタンパク質が浸透圧の作用によって水分を血管の中にとどめようと働いています。
このバランスが崩れると、むくみが現れることになります。

つまりタンパク質と水分の浸透圧作用のバランスが崩れることで、
体の水分が異常に増加した状態になるとむくみが現れるという仕組みです。

そしてそのようなタンパク質と水分の浸透圧作用のバランス崩壊をもたらす根本の原因となるのも、
唾液分泌から始まる消化吸収のバランスの崩れなのです。

タンパク質と水分の浸透圧作用のバランス崩壊は、
むくみ以外にもその他重大な不調をも招く恐れがあり、放置すべきでない問題です。

施術の原理と方法のページへ
>むくみ改善のページへ

唾液腺

ご予約

ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598 ご予約の前に…
受付時間
10:00~19:30×××
月・金・土・日:10:00~19:30
火・水・木:休診日

※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

ページトップ