東京 南青山 創業1989年、13万人の実績。土日祝日も営業、表参道駅から徒歩1分

十全治療院[ 東京 南青山 創業 1989年 ]

自然無痛整体

受付時間

受付時間※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

受付時間
10:00~19:30×××
CLOSE

よくある質問

Q. 整体で胃下垂や逆流性食道炎がよくなりますか ?

A. 消化吸収から排泄までの機能を高めると、胃腸の調子が上向きます。

例えば腰痛の場合ですと「座っていると腰の痛みが楽になる」などのように回避する術があります。
しかし、胃が苦しいというような、逃げ道がほとんどないような悩みはより深刻なものだと思われます。

胃下垂や逆流性食道炎などの深刻な悩みに対して、ほとんどの方が薬の服用などの場当たり的な処置に頼っている状態であり、根本的な救済にはいたっていません。

うまくかみ合っていなかった体の歯車を正確な時を刻む時計のように動作させるべく、体のはたらきの電源スイッチをONにすることで、消化吸収から排泄にいたるまでの機能が整うようになり、総合的に胃のつらさが改善に向かっていくのが首の一点矯正の特徴です。

胃の不調が起きやすくなる、2つの原因

顎(あご)のゆがみが唾液腺を圧迫していると、唾液の質と量が悪くなり、胃に負担がかかります。

消化吸収の第一歩である唾液分泌が正しくなっていれば、胃腸への負担が軽減します。

つまり、食物が唾液で正常に消化されるようになれば、第2段階の胃液での消化作用も平常通りになり、唾液分泌が少なすぎたり、多すぎたりした時のように余分に胃が働かなくてもすみ、消化吸収に余裕ができるのです。

横隔膜のゆがみが胃や食道を圧迫して、胃の動きが悪くなったりなどの胃の不調につながっている場合があります。

横隔膜がゆがんでいると胃が圧迫されて、胃の痛みにつながったり、胃が押し下げられて胃下垂にむすびつくことがあります。

横隔膜にある食道裂孔という穴を食道が通っている関係から、横隔膜が歪むと逆流性食道炎になりやすくなったりします。

このように、胃そのもの自体よりも周りからのつながりで胃の不調に結びつくことが意外と多いのです。

そのため、胃のつらさの改善には胃のみに処置をするのではなく、体全体の働きを整える必要があります。

上部頸椎の矯正後は、顎のゆがみや横隔膜のゆがみも含めて体全体のゆがみが矯正されていき、それに伴って胃の辛さも軽減してまいります。

>施術の方法と特徴のページへ
顎と内臓の不調のページへ
胃下垂のページへ
逆流性食道炎のページへ
よくあるご質問の一覧へ

ご予約

ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598 ご予約の前に…
受付時間
10:00~19:30×××
月・金・土・日:10:00~19:30
火・水・木:休診日

※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

ページトップ