東京 南青山 創業1989年、13万人の実績。土日祝日も営業、表参道駅から徒歩1分

十全治療院[ 東京 南青山 創業 1989年 ]

自然無痛整体

受付時間

受付時間※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

受付時間
10:00~19:30×××
CLOSE

体の悩みと原因

頭蓋骨のゆがみが原因/頭痛

偏頭痛の原因は顔のゆがみ その施術方法について

頭痛の側頭部痛は、肩こりからの延長

偏頭痛(片頭痛)は、女性に多い

「ズキンズキン」、「ガンガン」と脈打つような痛みが発作的に起こるのが片頭痛の特徴です。

脳血管の拡張に伴って三叉神経が刺激されるために、このような痛みが起こるといわれています。

吐き気を伴ったり、光や音に過敏になったりすることもあります。

頭の片側の側頭部のあたりが痛むのが一般的な偏頭痛(片頭痛)ですが、頭の両側が痛んだり、左右交互の痛みを伴うこともあります。

「頭のこめかみにかけて脈打つようにズキズキ痛い」「心臓の鼓動に合わせてズキン、ズキンと頭が痛む」というような強い痛みを覚える片頭痛もあり、めまい・吐き気などを伴って、日常生活が妨げられるほどになることもあります。

片頭痛は思春期から発症することが多く、成人の約1割近くが片頭痛になっていると言われています。また片頭痛は、女性に多く見受けられるということも特徴的で、男性の約4倍とも言われています。

偏頭痛の影響で仕事のミスが多く発生して能率が下がると感じていらっしゃる方は、早く対処されるべきでしょう。

>めまい・吐き気のページへ

偏頭痛に陥りやすい、体のタイプ

顔のゆがみと肩をチェック

特に、左右の目の高さと唇の傾きが大きい場合は、頭の片側に緊張があることを表しています。片頭痛が起きやすくなるタイプです。

頭蓋骨のゆがみだけではなく、肩こりや首こりから来る片頭痛もあります。特に、いかり肩の人は肩の筋肉の緊張が強くて、側頭部を引っ張って片頭痛になりやすいです。

肩幅の左右差があると片側の側頭部にも緊張が起きやすくなっていますから、強度の偏頭痛に悩みやすいタイプだと言えます。

その場しのぎの頭痛薬では、根本的な頭痛の改善にはなりません。

現代医学的の一般的な考え方として、「頭痛の原因は、神経や血管や筋肉にある」として、神経や血管、筋肉に働きかけて痛みを抑えようとします。

そのため、「片頭痛になったら鎮痛薬を飲む」という対処法が採用されることが多いのです。

片頭痛に有効な薬であるとして頭痛薬を処方しますが、それではそこに出ている痛みに対応しているだけで根本的な改善ではありません。


ぶり返しては、頭痛薬を服用することの繰り返しとなってしまいます。

頭痛薬の服用は、頭の痛みを感じなくしているだけで、その場しのぎで誤魔化しているだけです。

それだけでなく、長く服用しし続けていると副作用の心配もあります。

頭蓋骨のゆがみを矯正すると、片頭痛の対策になる

ほとんどの頭痛は、頭蓋骨のゆがみが関係しています。頭のゆがみが取れれば、片頭痛も軽減します。

頭蓋骨矯正の方法は、手で頭に力を加える方法ではなく安全な方法です。

首の一点矯正を行うと、脳の力が働いて自然にゆがみ矯正がなされます。

それにつれて、頭が動くと片頭痛にも改善のきざしが現れます。

>施術の原理と方法のページへ
>顔のゆがみ矯正のページへ

頭痛と頭蓋骨の分解図.png

ご予約

ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598 ご予約の前に…
受付時間
10:00~19:30×××
月・金・土・日:10:00~19:30
火・水・木:休診日

※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

ページトップ