東京 南青山 創業1989年、13万人の実績。土日祝日も営業、表参道駅から徒歩1分

十全治療院[ 東京 南青山 創業 1989年 ]

整体/カイロプラクティック

受付時間

受付時間※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

受付時間
10:00~19:30×××
CLOSE

体の悩みと原因

女性の悩み/症状:更年期障害

更年期の不調症状と自律神経の乱れ

自然療法で、更年期の不調を乗り超える。

更年期の不調の辛さと更年期ホットフラッシュ

更年期の不調の辛さは閉経前後の数年間に、ほてる・のぼせる・手足が冷える末端冷え性動悸と不整脈症状多汗症など、自律神経の乱れに関連して発症します。

閉経から約10年間に骨粗鬆症・関節痛・動脈硬化症・高血圧症・皮膚の色素沈着など代謝トラブルとしても現れるものがあるといわれています。
更年期ホットフラッシュは、顔ののぼせ、ほてり、顔の発汗などの辛さです。

「更年期の不調は、卵巣機能の停止による女性ホルモンの不足によって起こる、自律神経の乱れと考えられます」と家庭医学書にもうたわれているとおり、とりとめのない症状であることがその特徴ですが 、「更年期症状」は、個人差も大きく 心理的因子も大きく作用し、不定愁訴の辛さに近いものばかりです。

現代医療では解決が難しい更年期の不調

「更年期の不調」とは「自律神経の乱れ」や「不定愁訴」のように極めてあいまいな病名で、「そう言われれば、しょうがない」とご来院者サイドからの反論の余地がない判断名で、現代医学では対応不可能だと思った方が多いのではないでしょうか ?

しかし、人間50年も生きていれば、あちこち故障が起きているでしょうし、これらの一部を「更年期の不調」に当てはめるのも、無理を感じてなりません。

要するに、病院では解決し難いわけですから、不定愁訴の一環として名付けられ、「更年期だからしょうがないな」という感じで、終わってしまっているだけで、中には無責任極まりなく、「年だから、しょうがないよ」なんて、担当医師から告げられたりして、こちらで愚痴をこぼす方もいらっしゃるくらいです。

薬物投与とか手術に頼る現代医療では、どうもご来院者を生きている人間というよりも、物として扱われているような気がしてなりません。

医師が判断して、病名をつけなければならない健康保険制度

人間のカラダは、白とか黒というように決め付けることはできませんし、実際のところこちらにいらっしゃるご来院者は、複数の病状・症状を抱えていらっしゃいます。

例えば頭痛生理不順と生理痛腰痛足のしびれ花粉鼻炎とかのように、必ず複数の体の辛さを訴えられますし、中には初回のアンケートに、十数個の項目に○をつけられる猛者も稀ではないです。

事実、医師は判断して、検査結果等から病名をつけるというプロセスを経て投薬等の施術がなされるわけですが、必ずしも、その判断が的確に当たっているとは限りませんし、その後の投薬、手術とも必ずしも適切だとは断言できません。

他者からの判断・施術は、学習した知識をご来院者の生体に押し付けている行為にしか過ぎません。

上部頚椎カイロプラクティックによる更年期の不調の施術法

上部頚椎カイロプラクティックは、症状別に施術法を変えることは致しておりません。上部頚椎のたった一箇所のズレ(サブラクセーション)を押すだけの極めてシンプルな方法です。

これにより、マスターコントロールセンターである脳からの指令が体全体に行き渡ることにより、様々な辛さが緩和されるだけではなく、本来の健康を取り戻し、元気になってまいります。

各器官から脳への情報伝達、そして脳から体各部への指令が100%確実に行われるということは、ご自身の体内で判断即施術が行われているのと同じことになります。

先天的知能はもうすでに全を知っているわけですから、医師等の他者からの判断・施術よりも、より的確な処置をいたします。

いらっしゃる方の中で、この更年期の年代の方の占める割合は結構多いですが、口癖のように「更年期」、「更年期」と口走るのが、段々と出なくなり、やがてまったくおっしゃらなくなります。

これは、自らの力で更年期の不調に対処しているに過ぎないのです。
更年期の不調は、上部頚椎カイロプラクティックで改善しましょう。

ご予約

ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598 ご予約の前に…
受付時間
10:00~19:30×××
月・金・土・日:10:00~19:30
火・水・木:休診日

※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

ページトップ