東京 南青山 創業1989年、13万人の実績。土日祝日も営業、表参道駅から徒歩1分

十全治療院[ 東京 南青山 創業 1989年 ]

自然無痛整体

受付時間

受付時間※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

受付時間
10:00~19:30×××
CLOSE

体の悩みと原因

その他 体の悩み/自律神経と疲労

自律神経失調症 自律神経の乱れ

自律神経の乱れを整えて、体調不良を解消

「何故か、頭痛が頻繁に起きる」「頭がスッキリしなくて、気持ち悪さが続いている」「めまい」「胃が痛む」「胃がもたれる」このような状態が続いていませんか。病院で検査をしても、はっきりとした原因はわからないと言われているかもしれません。

自律神経が乱れている、自律神経失調症に陥っているのかもしれません。

自律神経の乱れとは !

Aさん・・・「先生、私は病院で自律神経失調症といわれているんです」

このように自律神経が乱れているということを、何かの病気を抱えていらっしゃるかのように話される方が少なからずいらっしゃいますが、そのような方に対しては以下のように説明しております。

・・・「Aさん、そもそも自律神経失調症という病名は、ナンセンスの極みです。体調不良には、必ず自律神経の乱れが伴っています」

「体調不良の詳しい原因が判明しないがために、医師が取りあえずこれにしておこうと取って付けたような説明が自律神経失調症です。自律神経失調症以外の体調不良を訴えて十全治療院にいらっしゃった方でも、そのうちのほとんどの方は自律神経が乱れています」

「ご自身の修復力が高まれば、自律神経失調症の不調と断定された様々な体調不良に関しても、自力で軽減されていくのです」・・・

極めて曖昧(あいまい)な病名を付けられて疑心暗鬼に陥りながらも、「自律神経の乱れなんだから、この体調不良はしょうがないんだ・・・」と半ば諦めかけている方が多いようです。

自己修復力が高まれば、そのような「自律神経の乱れ」とされている様々な不調にも自力で対応し得るはずです。

不定愁訴・自律神経失調症 ~現代医学の限界~

病院で「倦怠感や疲労感などの体調不良」を訴えても、一通りの検査をして検査結果に異常が出ていなければ、「特に異常なし」と言い渡されたというような経験はありませんか ?

そのような場合は「自律神経失調症」や「不定愁訴(ふていしゅうそ)」というようなものだと判断されることが多いようです。ビタミン剤のようなものを処方されたり、精神的な要因で起きている不調であるとされ、精神安定剤を処方されるというだけで済まされてしまうことが少なくないそうです。

「不定愁訴」とは、何らかの体調不良の体のつらさを訴えるが、検査をしてもどこが悪いのかはっきりしないものを指します。

「不定愁訴とは、何らかの体調不良の体の辛さを訴えるが、検査をしてもどこが悪いのかはっきりしないものを指す。不定愁訴症状として全身倦怠・倦怠感 ・疲労感・微熱感・食欲減退・頭重・頭痛・のぼせ・耳鳴り・しびれ感・動悸 不整脈症状・四肢冷感など。自律神経の乱れの辛さや更年期の不調、その他いわゆる心身症の辛さとして現れることが多い」・・・このように「健康用語辞典」には記されております。

現代医学では「病気の本質を症状に限定し、早急な方法でそれを抑えてしまう」という考え方です。そのため検査をして、現代医学の既存の知識としてある個別の「症状」として判断できないような不調に関しては対応が難しいのです。

その結果としてビタミン剤や精神安定剤の処方など、何か自律神経の働きを回復させるのによさそうなものを体に加えるという処置になるのです。

すなわち「不定愁訴」とは文字通り、現代医学では対処し難いものを寄せ集めて命名されたような病名だと言えます。

特に「自律神経の乱れ」のようなことに関しては、他に病名が見当たらない場合に、「自立神経失調症」という名前をあてはめているに過ぎません。

体調不良症状に陥っている場合は、必ずと言っていいほど自律神経が乱れているため、「自律神経が乱れている」という判断は、詳しくどのような状態かわからない場合の病院側の逃げの口上に過ぎないのかも知れません。

自律神経失調症・不定愁訴の改善

体のどこかが体調不良に陥ると、自律神経のはたらきを乱す原因になります。また、自律神経が乱れると体調はますます悪化します。

この悪循環により、自律神経失調症・不定愁訴と呼ばれる様々な体調不良に陥ってしまうのです。

そのため、自律神経系を含めた全身の体調を整える必要があります。

十全治療院では、全身の神経のはたらきをよくすることで自然修復力を高め、体全体を立て直すという施術方針です。

そのため、各不調ごとに施術を行うことは一切ありません。

どなたに対しても、首の一点矯正を行います。

これにより全身の各器官から脳への情報伝達と、脳から体全体への正しい指令の伝達が100%的確になされると、骨格・内臓なども含めて全身が正常な状態に向かう兆しが現れます。

この矯正は、脳と脊髄の中継部である脳幹、特に延髄(Medulla Oblongata)にもアプローチいたします。

この延髄の周囲には、沢山の自律神経の核が存在しています。

施術によって延髄での自律神経のはたらきがよみがえることで、自律神経の乱れも根本的な改善へと向かいます。

そのように総合的に体がよい方向へ向かう中で、自律神経失調症や不定愁訴と呼ばれて諦めかけていた不調も自力で軽減できるのです。

>施術の方法と特徴のページへ

自律神経が整うと、様々な不調がよくなっていきます。

30年の施術経験から、自律神経が乱れている方の多くに後頭部から首筋に突っ張るようなこりと緊張があり、頭の重い感じが続いてるせいか、気分も沈みがちにもなっているということが共通して見られます。

頚椎の周辺には自律神経の核が数多く存在している関係から、自律神経が乱れていると首すじの筋肉の緊張が発生するのです。

自律神経のバランスが整うと・・・

  1. ぐっすりと深い眠りに入れるようになったり
  2. 胃が軽くなり、食欲が旺盛になったり
  3. 過食による肥満が止ったり
  4. 便秘がスッキリしたり
  5. 精神的にも安定する

など総合的に、体が整う兆しが現れてまいります。

>首こり肩こりのページへ
>不眠のページへ
>胃痛のページへ
>便秘のページへ

脳神経と自律神経のイラスト

ご予約

ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598 ご予約の前に…
受付時間
10:00~19:30×××
月・金・土・日:10:00~19:30
火・水・木:休診日

※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

ページトップ