東京 南青山 創業1989年、13万人の実績。土日祝日も営業、表参道駅から徒歩1分

十全治療院[ 東京 南青山 創業 1989年 ]

自然無痛整体

受付時間

受付時間※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

受付時間
10:00~19:30×××
CLOSE

体の悩みと原因

その他 体の悩み/不眠症

不眠原因と快眠方法

眠りが浅い 不眠と睡眠不足改善

眠りを深くして快眠へ

一口に不眠といっても、「寝付きが悪い」、「途中に何度も目覚める」、「眠りが浅い」、「目覚めがスッキリしない」等、様々な不眠タイプがあります。

眠れないと毎日の生活がとても憂鬱になります。睡眠薬や精神安定剤の服用を続けているのは、その場しのぎに誤魔化しているだけで根本的な改善にはいたりません。

眠れない辛さは当人にとってかなり深刻な問題であり、その苦しみは耐え難いものです。

夜の時間が長く感じられ、テレビを見たり本を読んだりしても、その長すぎる時間を憂鬱に過ごしてしまいます。

眠れないと疲労回復もままならず、かえって昼間にボーッとしてしまって、頭が冴えず、体内時計もくるってしまい極めて悪循環です。

「ぐっすりと眠って、すっきりと目覚める」、「目が覚めたら、朝だった」ということが可能なように、睡眠力アップができれば快適に眠れることでしょう。

自律神経の乱れが熟睡できない不眠の原因

◎ 不眠の原因は自律神経型と睡眠時脳波乱れ型の2つ

自律神経の乱れがあると、交感神経優位になって不眠に陥ってしまいます。

また、不眠のもう一つのタイプとしては、睡眠時の脳波が乱れて深い眠りに入っていけないタイプがあります。

あるいは、両方が複雑に絡み合っている混合型もあります。

>自律神経の乱れのページへ

(1) 自律神経乱れ型の不眠

背骨の首の部分である頚椎の周囲には、自律神経が密集しています。

首こり・肩こりがひどい方は、安眠や熟睡ができていないタイプが多いです。

首こり・肩こりが起きている場合、筋肉の緊張が取れずに血行不良に陥っていることがほとんどで、自律神経が交感神経優位なってるためにリラックスできないのです。

首の周囲には、たくさんの自律神経が通っています。首の骨の頸椎が交感神経を刺激する形にゆがんでいると、緊張をほぐす役目の副交感神経の働きを抑えて熟睡できないのです。

すなわち、首こり・肩こりの原因になっている首のゆがみが災いして不眠になっているパターンです。頚椎のズレや頚椎のカーブ異常(特にストレートネック)が交感神経を刺激して交感神経優位になって、緊張が取れなくて眠りが浅いタイプです。

熟睡できない方は、首・肩の緊張からいかり肩になっていたり、瞼(まぶた)のたるみがある眼瞼下垂の傾向もありますから、鏡に映して確かめて見て下さい。

>眼瞼下垂のページへ
>施術の原理と方法のページへ

首の一点矯正による 二重まぶたたるみ改善例


施術前

施術後
(※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

※ まぶたのたるみは、首のゆがみが主たる原因です。

まぶたと首はつながっていて、頸椎の歪みがまぶたへ流れている神経を圧迫していると、まぶたの筋肉の筋力が低下してしまいます。

首の歪みがとれていくと、まぶたのたるみも軽減し不眠も改善の兆しが現れます。

(2) 脳波の睡眠リズムの乱れ 不眠 ~ 頭蓋骨のゆがみが原因

脳波リズムの乱れで不眠になっているタイプは、頭蓋骨の歪みが原因です。

眠っている時は、起きているときよりも呼吸に合わせて頭蓋骨が動いています。

頭が歪んでいると23個の骨が集まっている頭蓋骨の動きが緩慢になり、周期的に繰り返しているレム睡眠とノンレム睡眠のリズムが乱れて熟睡できないのです。

これは、頭蓋骨ゆがみ矯正により改善に向かいます。

寝つきが悪い(入眠困難)、夜中に目が覚める(中途覚醒)、眠りが浅い(熟睡困難)、朝早く目が覚める(早朝覚醒)など、各タイプの不眠がこのように頭蓋骨のゆがみからくる脳波のリズムの乱れから引き起こされています。

首の一点矯正が、不眠の改善につながる

十全治療院では、上部頸椎の施術で2つのタイプの不眠の原因にアプローチをし、不眠の改善を促します。
施術によって脳からの指令が全身に行き渡るようになると、全身の骨格が正しい位置に自然に移動していくため、不眠の原因となっている首のゆがみや頭蓋骨のゆがみも矯正されていき、不眠が根本から改善に向かいます。

>施術の原理と方法のページへ

睡眠薬や手術に頼ることはなく、また、ゆがんでいる頭や頸椎を手でポキポキと矯正することもしない施術で安全に不眠が改善に向かいます。

首や頭蓋骨の矯正が行われると、不眠以外にも肩こりや首こり、眼瞼下垂や顔のゆがみ、頭痛なども改善へと向かいます。

体内時計の乱れと不眠

睡眠習慣の乱れから、体内時計がくるっていると安眠できなくなります。寝入りや寝覚めの状態にリズムトラブルが起きて、深い眠りに入れないような不眠の原因になります。

毎朝、日光に当たることが体内時計の正しい感覚を保つコツです。

深夜の食事は体内時計をくるわせて、不眠を招くことになりますから注意が必要です。胃腸の中にも体内時計があり、食べ物が入ると調節していることが大きく関係しています。

適度な運動による心地よい疲労感が眠りを誘います。

適度な疲労感も睡眠には必要です。運動不足に陥っている場合はウォーキングなどを取り入れて適度に体を動かすように努めてください。

ただし、首こりや肩こりのために首を回したりするのは、ゆがんでいる頸椎を余計にゆがめてしまうことにつながりますから避けておいた方が賢明です。

就寝1~2時間前の入浴は効果的

深部体温が急激に下がる時に、ぐっすり眠れると言われています。
そのため就寝1~2時間前の入浴は効果的なのです。

目覚める前に体温が下がって、起床後に体温が上がりはじめるのが正常です。ぐっすりと眠れていればスッキリと目覚めて、「朝、布団から出るのが辛い」ということはなくなることでしょう。

熟睡のためには、寝具の工夫が必要

不眠による体調不良を正す以外にも、不眠を改善し快眠に導くには適切な寝具を使うよう工夫する必要があります。詳しく挙げておきますので、参考にして睡眠薬に頼らない不眠対策につながれば幸いです。

第一に、枕が高過ぎるのは睡眠を妨げます。不眠の方は、背骨の理想的なS字カーブを保てていません。頚椎の前弯カーブも減少し、まっすぐな形に近くなっています。

枕が高いと首の緊張がより強くなり、リラックスしにくくなりますから注意が必要です。

様々な枕が市販されていますが、高さが高すぎる枕がほとんどです。十全治療院では、発泡スチロールの極小ビーズを詰替えて高さ調節ができる「 MOGULAX パウダーピロー」を使用しています。

ご予約

ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598 ご予約の前に…
受付時間
10:00~19:30×××
月・金・土・日:10:00~19:30
火・水・木:休診日

※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

ページトップ