東京 南青山 創業1989年、13万人の実績。土日祝日も営業、表参道駅から徒歩1分

十全治療院[ 東京 南青山 創業 1989年 ]

自然無痛整体

受付時間

受付時間※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

受付時間
10:00~19:30×××
CLOSE

体の悩みと原因

頭蓋骨のゆがみが原因/顔のゆがみ

眼瞼下垂 まぶたのたるみ原因

まぶたのたるみと目元のたるみが、スッキリするために必要なこと。

左右の目の大きさが違う、まぶたたるみ 眼瞼下垂(がんけんかすい)の原因

頚椎(首の骨)から、まぶたの筋肉に向かって神経が流れています。頚椎にひずみがあるとその神経が圧迫されて、まぶたの筋肉の収縮力が落ちてきます。

そしてまぶたの筋力が弱まるとまぶたが下がって、目元がたるむ、眼瞼下垂(がんけんかすい)の主たる原因になります。

これが、まぶたのたるみとなり、左右の目の大きさが違うようになるのです。

二重まぶたが、分厚くなることもあります。まぶたに、数本の余分なしわがよってしまう方もいらっしゃいます。

眼瞼下垂と一緒に起きることが多いのが、 「眼精疲労」「目の奥の痛みの辛さ」なども発生して悩まされることにもなります。

>眼精疲労のページへ

おでこにシワをよせて、まぶたをあげていませんか ?

眼瞼下垂がひどくなっている場合は、まぶたの筋肉の収縮力が極端に低下してるために、額にしわを寄せながらまぶたを上げるようになってしまいます。

おでこの筋肉を補助的に使わないと、まぶたの筋肉だけではまぶたをあげることができなくなっているのです。

まぶたのたるみ、顔の表情をチェック!

まばたきをできるだけ速く、行なってみてください。

  1. 「まばたきのときに、まぶたが重い」
  2. 「まばたのときに、抵抗を感じて速くできない」
  3. 「二重まぶたの厚みに、左右差がある」

このようなことがありませんか ?

まぶたの動きが鈍くなっているのは、まぶたの筋肉の収縮力が衰えて眼瞼下垂になっているのかも知れません。

まつ毛が、下を向いていませんか ?

同時にまぶたがたるんで下がっていると、まつ毛のはえぎわから角度が変わります。それで、まつ毛も下向き加減になります。

「目が、パッチリ」という状況からもほど遠い感じです。目の表情が変わり、印象はよくありません。

目元が上がる、まぶたのたるみ矯正

一重まぶたを二重にするのは、美容整形の手術では可能かもしれません。それでは、人工的で不自然な二重まぶたになってしまいます。

生まれつき二重まぶたであったのが、途中で一重まぶたに変わってしまったのは、元々の、二重まぶたに戻せる可能性はあります。

首の骨である頚椎のひずみが矯正されればまぶたの筋肉の収縮不足が回復して、まぶたのたるみの改善のきざしが現れます。

首の一点矯正により五体にも変化が現れます。それにより、頭蓋骨のゆがみが取れてくることで、「目の大きさ」「眼球の膨らみ」にも変化の兆しが現れますから、加えて目の輪郭がスッキリとしてまいります。

>施術の方法と特徴のページへ
>顔のたるみのページへ

cb.png(※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

ご予約

ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598 ご予約の前に…
受付時間
10:00~19:30×××
月・金・土・日:10:00~19:30
火・水・木:休診日

※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

ページトップ