東京 南青山 創業1989年、13万人の実績。土日祝日も営業、表参道駅から徒歩1分

十全治療院[ 東京 南青山 創業 1989年 ]

自然無痛整体

受付時間

受付時間※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

受付時間
10:00~19:30×××
CLOSE

体の悩みと原因

頭蓋骨の歪みが原因/頭痛

眼精疲労からくる頭痛について

目の奥の痛みを伴う頭痛は、頭蓋骨の歪みが原因かもしれません。

目の疲れが酷くなると、頭痛や吐き気が起こることはありませんか ?

目の疲れや目のかすみに伴って、頭痛やめまい、吐き気が起こるということがよくありせんか。

またそのような経験がない方でも、「物事に集中できないほど頭が重くなる」「考えがまとまらないくらい、思考力が低下してしまう」「体がだるくて思うように動かない」などの慢性的な悩みを抱えている方は、将来的に眼精疲労や頭痛に悩まされる可能性が高いです。

このページでは長年の整体施術の経験から、眼精疲労とそれに伴う頭痛・めまい・吐き気の原因ついて説明いたします。

※眼精疲労に伴う頭痛でも特にこめかみが痛むという方の場合は、以下のページをご参照ください。

>こめかみ頭痛の原因のページへ

目の疲れの原因 蝶形骨の歪み

頭痛・めまい・吐き気を伴う眼精疲労は、頭蓋骨の歪みに起因していることがほとんどです。

頭蓋骨の中でも、蝶形骨という頭蓋骨の中央部分にある骨の歪みが目の疲れを引き起こします。

以下の図で赤色に記されている部分が蝶形骨で、こめかみの部分の骨です。

蝶形骨と顔筋肉 表情筋

表情筋と蝶形骨のゆがみ

蝶形骨と頭蓋骨のゆがみ

側面から見た蝶形骨


底面から見た蝶形骨

正面から見た蝶形骨

蝶形骨は頭蓋骨の中央にあり、眼球に近い骨です。

そのため蝶形骨の周囲では、眼に関連する神経・血管が多く、それらが複雑に絡み合っています。

そのため蝶形骨が歪んでいると目の神経や血管を圧迫して、目の機能の低下を招き、目の疲れ・目のかすみが起こりやすくなります。

これが眼精疲労の起こる仕組みです。

例えばPCやスマートフォンを見る際に目の疲れがたまりやすいという方は、蝶形骨が歪んでいることが原因かもしれません。

そして歪みを放置したまま目の酷使を続けていると、慢性的な眼精疲労になり、頭痛やめまい・吐き気などのつらさを招きます。

蝶形骨の歪み セルフチェック

蝶形骨の歪みはセルフチェックができます。

鏡などでご自身の顔を見ながら、以下の項目について実際にチェックしてみましょう。

  1. ① 目の大きさの左右差
  2. ② 眼球のふくらみ方の左右差(出目になっていないか)
  3. ③ ほおぼね(頬骨)の幅とふくらみ方の左右差

蝶形骨が歪んでいるほど、上に挙げたような左右差は大きくなります。

そして蝶形骨が歪んでいるほど目は疲れやすくなり、頭痛・吐き気・めまいなどのつらさが現れやすくなります。

どう対処すれば、目の疲れからくる頭痛から抜け出せるのか ?

先述の通り、眼精疲労の原因は蝶形骨の歪みです。

そのため眼精疲労、それに伴う頭痛等の不調から救われるためには、蝶形骨の歪み矯正が必要です。

頭蓋骨矯正による目の疲れ改善

蝶形骨の矯正のためには頭蓋骨矯正が必要です。

以下の図のように、頭蓋骨は15種23個の骨がジグソーパズルのようにかみ合っているような構造です。

そのため蝶形骨だけを矯正するのではなく、頭蓋骨全体を矯正することで蝶形骨の歪みを取り、目の疲れを取る必要があります。

頭痛と頭蓋骨の分解図.png

安全な頭蓋骨矯正で目の疲れからくる頭痛改善

当院ではデリケートな蝶形骨、および頭蓋骨に無理やり力を加えることのない安全な頭蓋骨矯正を行っております。

外から力を加えるのではなく、体の内側の作用で歪みが矯正されていくように促す首の一点矯正という方法です。

十全治療院では、ここを矯正します。

矯正によって頭蓋骨の歪み、蝶形骨の歪みが取れてくると、眼精疲労や頭痛・めまい・吐き気が起こらない体へと自然に改善されてまいります。

>施術の方法と特長のページへ

蝶形骨の歪みがとれてくると、左右の目の大きさがそろってきます。

首の一点矯正によって蝶形骨の歪みがよくなってくると、下の写真のように左右の目の大きさがそろってきます。

逆に左右の目がそろってくれば、蝶形骨の歪みがよくなっていっていることの証です。

それに伴って眼精疲労や頭痛などもよくなっていくことでしょう。

※瞼のたるみによって左右の目の大きさが異なっている場合は、眼瞼下垂(がんけんかすい)という状態です。まぶたの筋肉が衰えていることが主な原因です。まぶたの筋肉が衰えていると、まぶたのたるみだけでなく、目の疲れやドライアイにもつながります。眼瞼下垂・ドライアイについては、以下のページをご覧ください。

>眼瞼下垂 まぶたのたるみ原因のページへ
>ドライアイ・眼の乾き予防のページへ

cb.png

(※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

乱視が改善したケースも

蝶形骨の歪み矯正は、乱視の改善も見込めます。

蝶形骨が眼球を圧迫する形で曲がっている場合、眼球のレンズがたわんだりしてカーブが変わります。

蝶形骨矯正により眼球のふくらみと眼球のカーブが矯正されると、乱視にも変化が現れてきます。

実際、施術を受けるうちに乱視がよくなってきて、コンタクトやメガネの乱視矯正がいらなくなった例もあるくらいです。

飛蚊症改善も見込めます。

蝶形骨の位置異常が正されると、視界にチラつく飛蚊症も変化することがあります。

「黒い虫の色がグレーになりました」「飛蚊症の3個の虫が細かく砕け散りました」というお声をいただくことがありますが、それらは良くなっていく経過で表れる一つの現象です。

その他ストレスの解消も見込めます。

蝶形骨では眼に関連する神経と血管が多数、そして複雑に絡み合っている関係で様々な不調をもたらします。

目がぼんやりする目のかすみ、また目だけではなく頭がボーっとするといった体の不調にも蝶形骨が絡んいることが少なくありません。

ほかにも、

  1. 「物事に集中できないほど頭が重くなる」
  2. 「考えがまとまらないくらい、思考力が低下してしまう」
  3. 「体がだるくて思うように動かない」

などのストレスも蝶形骨の状態と深く関係している場合があります。

すなわち蝶形骨の歪みを放っておくと、多くの不調やストレスに悩まされることになります。

裏を返せば、蝶形骨を正しい位置に矯正することでそれら全てが改善に向かいます。

蝶形骨の歪みは、体にとって重大な問題なのです。

蝶形骨を通る神経について

「蝶形骨には目に関係している神経や血管が多く通っている」と先ほど申し上げましたが、詳しく申し上げると上顎へ向かっている上顎神経、下顎へ向かっている下顎神経、内頚動脈という太い血管もこの蝶形骨を通過しています。

蝶形骨にあるその他の神経として、眼神経・眼動脈・涙腺神経・前頭神経・滑車神経・外転神経・動眼神経・鼻毛様体神経があり、多くの神経が通っている蝶形骨は重要であることがわかります。

眼精疲労と眼球
眼精疲労と眼球

ご予約

ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598 ご予約の前に…
受付時間
10:00~19:30×××
月・金・土・日:10:00~19:30
火・水・木:休診日

※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

ページトップ