東京 南青山 創業1989年、13万人の実績。土日祝日も営業、表参道駅から徒歩1分

十全治療院[ 東京 南青山 創業 1989年 ]

自然無痛整体

受付時間

受付時間※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

受付時間
10:00~19:30×××
CLOSE

体の悩みと原因

頭蓋骨のゆがみが原因/頭痛

眼精疲労 頭痛と目の奥の痛み

目の奥の痛みを伴う頭痛は、頭蓋骨のゆがみが原因かもしれません

目の疲労と頭痛は、頭蓋骨の一部にあたる蝶形骨のゆがみが原因

眼精疲労・頭痛の原因は、蝶形骨のゆがみ

疲れ目と頭痛 目の奥の痛み 頭痛こめかみの辛さ

目の疲れと目のかすみがあり、目の奥に頭痛が起こりやすい」というような訴えがよくあります。 「視力が回復すれば目の疲れがなくなる」ということが一般に知られていますが、近視・遠視・乱視等の方が全て頭痛持ちだというわけではありませんから、視力低下が頭痛原因のすべてにになるとは断言できません。

眼精疲労からの頭痛の原因は、大部分が頭蓋骨の中央に位置する蝶形骨のゆがみです。 これは、「こめかみの痛みの原因 蝶形骨」のページでも詳しく説明しています。

蝶形骨は頭蓋骨の中央にあり、眼に関連する神経・血管が多数そして複雑に絡み合っています。

この蝶形骨が歪んでいると、目の神経や血管を圧迫して、目の機能が著しく低下してしまい、眼が疲れやすくなります。 蝶形骨がゆがんだ状態のまま、パソコンなどで目を酷使すると疲れがたまり、慢性的な眼精疲労からの頭痛で辛くなってしまうのです。

目がぼんやりする目のかすみ、また目だけではなく頭がぼーっとするといった体の不調にも蝶形骨が絡んでいます。蝶形骨のゆがみがもたらす不調はこめかみの頭痛だけではないのです。

その他「物事に集中できないほど頭が重い」、「考えがまとまらないくらい、思考力が低下している」、「体がだるくて思うように動かない」などのストレスも蝶形骨の状態と深く関係している場合が多いのです。

蝶形骨のゆがみをセルフチェック

蝶形骨にゆがみがある場合、片方の目が出目になり、左右の目の大きさが異なっていることが特徴的な眼球突出を伴っていることが多いです。目の疲れがひどい方は、以下を参考にして蝶形骨のゆがみをセルフチェックしてください。

  1. 目の大きさの左右差
  2. 眼球のふくらみ方の左右差
  3. ほほぼね(頬骨)の幅とふくらみ方の左右差

眼精疲労の軽減 ~ 上部頸椎の矯正

>施術の原理と方法のページへ

十全治療院では上部頸椎の矯正で眼精疲労の軽減を促します。
矯正によって脊髄神経への圧迫がとれてくると、全身に脳からの指令が行き渡るようになり、体中の骨格が正しい位置へ移動していきます。

それによって先述の眼精疲労の根本の原因である蝶形骨のゆがみも矯正されていくと、眼精疲労が軽減していきます。
デリケートな頭蓋骨に直接手を触れることがないために安全な方法で、目薬などに頼る必要がなくなることもあります。

眼性疲労と頭痛の原因になる蝶形骨の3D動画眼精疲労 頭痛の原因になる 蝶形骨 3D動画
BodyParts3D, Copyrightc2010 ライフサイエンス統合データベースセンター licensed under CC表示-継承2.1 日本

蝶形骨と顔筋肉 表情筋

表情筋と蝶形骨のゆがみ

蝶形骨と頭蓋骨のゆがみ

側面から見た蝶形骨


底面から見た蝶形骨

正面から見た蝶形骨

眼球の痛みを伴う眼精疲労は、頭痛こめかみの辛さ 蒸発亢進型 ドライアイなどを伴うことも多いです。 それに加えまぶた(瞼)の筋肉の動きが悪く目元 たるみがスッキリしなくなり、まばたきがしづらくなるなどの眼瞼下垂の辛さを伴いやすくなります。

眼瞼下垂(まぶた たるみ)・眼精疲労・ドライアイの関係

まぶたは目を保護しています。まぶたにたるみがあって二重まぶたに左右差が出ているのは、眼瞼下垂の一つの表れです。

まぶたの縁にあるマイポーム腺からは、まばたきが滑らかにできるよう脂質の分泌液が分泌されるのですが、それは涙とともに眼球を覆って、眼を渇きにくくする役割も担っています。マイポーム腺からの脂質分泌液が減少するとドライアイの原因になり、目のかすみや目の疲労にもつながります。

 まぶたの筋肉への疲労蓄積などのよってまぶたの筋肉が過緊張になり硬くなっていると、マイポーム腺からの脂質の分泌液の出が悪くなり、涙が出ていても眼が渇きやすいという状態に陥り、蒸発亢進型ドライアイに悩まされてしまう恐れがあるので注意が必要です。

 まぶたの筋肉たるみと眼精疲労は密接な関係にあり、眼瞼下垂の改善により涙の脂の分泌が改善しはじめます。まぶたによる目の保護がしっかりしていれば、視界も良くなり目のかすみや目のぼやけも改善されて、眼が疲れにくくなるのです。

目の疲れ回復を促進させる、乱視回復

乱視が回復された数多くのご来院者様から感謝のお言葉をいただいております。これは、施術によりご自身の修復力が旺盛になった結果、頭蓋骨矯正が自力で行われて、眼球のカーブも矯正されていったことによります。乱視の原因である眼球のカーブ異常に自然修復力がアプローチする形になります。

頭蓋骨全体のゆがみが矯正される過程で蝶形骨の歪みもとれて、眼球のふくらみが変わっていく方向へ向かうと、水晶体や角膜も変わり、乱視原因の目のレンズのたわみが改善に向かいます。

食いしばりや噛みしめ、歯ぎしりが頻繁な方は、蝶形骨に負担をかけてしまっていて眼精疲労やこめかみの痛みに悩まされやすくなります。これは奥歯を噛みしめた時に顎関節と一緒にこめかみも動き、その刺激の蓄積が蝶形骨のゆがみを増大させてしまうということが原因です。

眼瞼下垂 原因 ~ 蝶形骨を通る視神経と血管の圧迫

先にも述べましたとおり、蝶形骨には目の神経や血管が多く通っています。

例えば、顎への神経である上顎神経は蝶形骨の正円孔を、下顎神経は蝶形骨の卵円孔を通り、内頚動脈という太い血管もこの蝶形骨を通過しています。顎の神経の伝達が十分に行われていないと顎関節症になる恐れがありますので、注意が必要です。

その他、蝶形骨には眼に関係しているものが多く、眼神経と眼動脈が視神経管を通り、それ以外にも涙腺神経・前頭神経・滑車神経・外転神経・動眼神経・鼻毛様体神経が通っています。そのため、蝶形骨の位置異常が起きると眼の機能が著しく低下しますので、蝶形骨の位置異常は放っておけない問題なのです。

眼精疲労と眼球眼精疲労と眼球

こめかみへのマッサージは要注意

頭痛の症状に耐えかねて頭部をマッサージしたり指圧したりすること、特にこめかみを押すことは危険です。眼精疲労のツボと称して、こめかみへの指圧や目のマッサージが勧められているのを時々見かけますが、言語道断です。

こめかみは蝶形骨の一部でもあり、急所に値しますし、骨が極端に薄いところですから、少しの刺激で失明の可能性もあるくらい危険な部位です。

事実、15年前に来られた飲食店店主の男性は35歳の時に、疲れが溜まったので出張マッサージを呼んで、頭部を入念に揉んでもらったら翌朝に右目が全く見えなくなり、眼科へ駆け込んだら失明していたそうです。

このように、現状の辛さを安易な方法で回避しようとすると、危険を伴う場合があります。特に頭部に刺激を加えるのは要注意なのです。

また、点眼薬を常用したり頭痛薬を飲み続けても、堂々巡りで誤魔化しているだけになってしまっているので、根本的な対処が必要となります。

首の一点矯正 眼精疲労 頭痛 改善方法

十全治療院では、眼精疲労、眼瞼下垂、ドライアイ、目の奥の痛みなどの目のトラブルに対しても上部頸椎の矯正で対応いたします。

首のワンポイント矯正が脊髄神経への圧迫を取り除くと、脳からの指令が全身へ行き届くようになります。自らの力で全身を修復に導く自然療法です。

大多数の方は、整体、ゆがみ矯正に対して、歪んでいる骨盤や背骨をポキポキと手で脊椎矯正をするというイメージを持たれていますが、十全治療院では、首の一ケ所の矯正のみで、悪いところには一切手を触れません。

矯正によって脳からの指令が正しく伝達されるようになると、蝶形骨も自動的に定位置に戻り眼精疲労も自然に回復し始めますからご安心ください。

顔のゆがみ改善と足指の伸びで施術による全身の変化を確認

十全治療院の施術は首一か所の施術で全身が変わっていきますが、視覚確認が可能な部位として、顔のゆがみ施術例土踏まずの痛み 足指関節の施術例をご覧下さい。

首の一ケ所を矯正しただけで、歪んでいた足の指関節が伸びたり、頭蓋骨のゆがみの矯正がなされて顔の左右非対称の改善が実現するのです。眼精疲労 頭痛の原因である蝶形骨も自然に矯正されますから、ご安心ください。

(※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

内なる働きによるゆがみ矯正なのです。けっして、外から力を加えて矯正されたのではありません。 試しに曲がっている足の指を引っ張ってみても指が伸びるわけではなく、徒労に終わるのに気づかれることでしょう。

先述のとおり、ゆがんでいる部位が定位置に導かれたのは、脳から指令が出て体のゆがみ矯正がなされたということが原因です。それには、対症療法を行う施術者の知識の介在は一切含まれていません。このような現象は内なる働きだからこそ実現可能なのです。

身体を修復する働きの根元は、生命を維持している生命力そのものなのです。命そのものが活性化されると生命活動の活発化が促されて、その一貫として症状の改善が内なる働きで実現されるのです。「施術を受けるうちに周囲の方から顔色が良くなってきたと言われるようになった」というお声をいただくことも少なくありません。

(※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

対症療法は、施術者の学んだ知識や技術をご来院者様の生体に押し付けているだけであり、危険な副作用がつきまといます。

対症療法はおすすめいたしません。

ゆがみや辛さが出ている悪いところに対して直接施術するのは、一時しのぎの対症療法であり眼精疲労・頭痛の永続的な救済には至りません。

まぶたの筋肉の緊張や蝶形骨の歪みが眼精疲労頭痛の原因であり、こめかみや目をマッサージしても一時的に気持ちが良くなっているだけでその場しのぎに終わってしまいます。また、先に説明しましたように、こめかみを押すのは、眼精疲労・頭痛に対するその場しのぎであるどころか、失明などの危険も伴うこともあり、絶対にしてはいけません。

身体は各部分が別々のものではなく、全てつながりがあり、関連しあっています。眼精疲労・頭痛で悩んでいても、この不調を人工的に消そうとするのは人体の自然の理にかなっていません。

体の辛さには必ず原因があります。それにアプローチすることを「根本的な施術」という言葉で表現していますが、意味をはき違えた施術方法が蔓延っているのが実情です。

眼圧が正常値になって緑内障の手術を回避できた例

蝶形骨が前方へ変異したことで眼球が膨らんで眼圧が急上昇し、緑内障の手術を予定していた75歳の男性が、手術しなくても良くなったという例もあります。これは、蝶形骨の位置が正されて眼圧が正常値になったことが幸いしたのです。

眼精疲労からくる頭痛は、蝶形骨の歪みが原因である可能性が高いです。

cb.png

(※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

ご予約

ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598 ご予約の前に…
受付時間
10:00~19:30×××
月・金・土・日:10:00~19:30
火・水・木:休診日

※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

ページトップ