東京 南青山 創業1989年、13万人の実績。土日祝日も営業、表参道駅から徒歩1分

十全治療院[ 東京 南青山 創業 1989年 ]

整体/カイロプラクティック

受付時間

受付時間※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

受付時間
10:00~19:30×××
CLOSE

体の悩みと原因

背骨のゆがみが原因/症状:腰痛

腰痛原因になる体のゆがみ

歩く姿勢も不自然になる、腰の痛み

腰痛症状の原因によって、歩く姿も歪になって悪循環を招く

腰痛でお悩みの方は、「電気が走るように、腰に痛みを感じる」、「腰を曲げると痛い」、「立ち上がる時に、腰が痛い」、「同じ姿勢でいると、腰がつらい」などの訴えが多いのです。

このような腰痛は、全身の骨格の歪みが元々の原因であり特に背骨の腰椎にそのゆがみが集積することが原因で起こります。 「腰痛」のページでも触れましたが、歩く姿勢も歪になり腰痛持ちの方は悪循環に陥っています。

これは、体のゆがみが原因となり、身体全体のバランスが狂ってしまっているためですが、特に体重(フットバランス)が、左右の足に平均してではなく偏ってかかっているのです。

腰の痛みが身体のバランスをくるわせる

歩き方がアンバランスで、例えば、左足に6、右足に4の重心の乗せ方で生活しているうちに、年月が経てば更に左足に7、右足に3のように偏りが増していきます。

その結果、背骨も大きく歪みを増して腰痛もさらに酷くなり、もっと体のゆがみも増大します。 これでは、首筋のこり肩こりや足の痺れ(しびれ)等も増してしまいます。

足の裏の感覚は、身体のバランスを保つ上で平衡感覚と同様に重要な役割を果たしています。 フットバランスが崩れてしまうと、左右の足にかかる重心が平衡を保てず、益々偏った立ち方、歩き方になってしまいます。

外反母趾など変形性指関節症を招く、腰痛持ちの歩く姿勢

よく見受けられるのが、外反母趾の原因になる半円を描くようなぶん回し歩行、肩を揺さ振って歩く、内股(X脚)で歩く、O脚や蟹股(がにまた)で歩いている等、体のゆがみがあると体軸がぶれて不自然な歩行状態になりやすいので、転びやすく危険です。

このように腰痛症状からの悪循環により、背骨・骨盤が歪み頭も歪み、末梢の足先、特に 土踏まず、足の裏の痛み までも伴い、身体のハーモニーを崩してしまうのです。

特に靴の裏の磨り減り方が偏っている方は要注意です。 股関節の滑らかでない動きが靴のかかと偏減りを招いてしまうのです。

首の一点矯正で腰痛は、改善される

腰の痛みを抑えるために、直接腰や骨盤を矯正してはいけません。 対症療法は施術者あるいは医師が、学んだ知識と技術をご来院者の生体に押し付けているだけで、かえって害になり危険です。

真の腰痛解決の糸口は、自然に修復することに尽きます。 全て身体の機能は、脳からの指令によりコントロールされています。 首の骨の一ケ所を矯正する目的は、脳からの指令が悪いところあるいは全身に滞りなく届くようにするためです。

これだけで、脳からの指令が体のゆがみを矯正して全身のバランスも整い腰痛も改善し、顔のゆがみも取れ足のゆがみも正され(足指が伸びます)、やがて本来の元気と健康を取り戻すことでしょう。

ダンサーの方から、「踊っている時のバランスが良くなり、特にターンしてる時の体軸のブレが少なくなりました」という声が上がるくらいです。

その他、「腰が痛くて練習できなかったのに、ゴルフスウィングのスピードがアップして、フットバランスも良くなり、以前よりもボールが飛ぶようになりました」との喜びの声も上がります。

また、「腰と背中が痛くて、仰向けで寝ることができなかったのが、久々にそれが可能になり熟睡できました」との感想をいただいているのは、こちらの矯正後に背骨の正しいS字状のカーブに回復し、急性腰痛の原因がなくなり自然に横になれるようになったからなのです。

(※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)
フットバランスの偏りは、腰痛の原因に繋がります。

腰痛の筋肉図
腰痛の筋肉図

激しい腰の痛み
激しい腰の痛み

腰椎CT画像
腰痛の原因・腰椎CT画像 腰痛になり易いのです。

ご予約

ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598 ご予約の前に…
受付時間
10:00~19:30×××
月・金・土・日:10:00~19:30
火・水・木:休診日

※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

ページトップ