東京 南青山 創業1989年、13万人の実績。土日祝日も営業、表参道駅から徒歩1分

十全治療院[ 東京 南青山 創業 1989年 ]

整体/カイロプラクティック

受付時間

受付時間※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

受付時間
10:00~19:30×××
CLOSE

体の悩みと原因

その他 体の悩み/症状:動悸・不整脈

動悸・不整脈症状と原因

健康にかかわる重大な問題である、どうき 不整脈 息切れ

階段や坂道で、心臓がドキドキして息苦しくなることがありませんか ?

動悸不整脈の改善例 (渋谷区在住 K子さん69歳)

H16年12月15日に、娘さんのご紹介でいらっしゃった渋谷区在住のK子さん69歳、胆石のため7年前に胆のうを内視鏡で切除、バス乗車時に急ブレーキによる転倒で首を負傷の経験あり、インシュリンとグルコバイを服用、坂道を登る時は動悸と息切れを伴う、お身体の具合でした。

新宿の榊原病院にて、心電図とレントゲン検査を併用しながら、ジコキシンとバイアスピリンを13年間に渡り服用されていましたが、心肥大と心房細動の異常が検査で認められていました。

「長年の手の痺れ(しびれ)と頑固な肩こりを何とかして下さい」との主訴でしたが、まさしく満身創痍の状態で、抱えておられるその他の辛さは、不眠足の痺れ(しびれ)、咳、冷え、背部痛、腰痛膝の痛み便秘、お小水の出が悪い、むくみ、そして動悸と、病気のオンパレードです。

12月15日の第1回目の上部頚椎の矯正(アジャストメント)の直後、即座に脈を比べてみると、不整脈が30%近くおさまりかけ頑固な右手の痺れも和らいでまいりました。

2回目の時に、「もう自分の力で不整脈を正そうという方向へ向かい始めています。以前と同じ薬の服用量ですと、効きすぎて具合が悪くなるかもしれません。」とお話しましたところ、ご自分の意思でジコキシンを全く服用せずに、12月19日の榊原病院での検査にのぞまれました。

担当医のコメントは「心電図のグラフが良くなっていますので、このまま薬の服用を続けていきましょう」、「今回は心肥大の為のレントゲン撮影は必要なし」、だったそうです。

12月28日、3回目には、不眠、痺れ(しびれ)、咳、冷え症状、背部痛、腰痛、膝の痛み便秘、はかなり楽になられました。

3日間は頻繁にトイレに通い(好転反応)、むくみは半減、坂道を登る時の動悸も3分の1に減少しましが、血糖値は平衡状態のままでした。

このように、気が付いていただけでもこれだけの辛さが出ていたのですが、こちらでの施術はそれぞれの辛さに直接に対応する対症療法ではありません。

頚椎の一箇所を矯正して、後は自然修復力(イネイト)に全てを委ねるだけで、全身が快方に向かいます。

(※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

例えば、Aさんが頚椎2番をアジャストメントして腰痛がすっかり良くなったとします、3年後に胃痛で再び来られた時は、同じく頚椎2番のアジャストメントで対応します。

このように、上部頚椎に対する矯正は、頚椎2番はAさんにとっては固有のポイントで、症状により変えていくものではなく、その場所は生涯不変であって、腰痛さえあるいは胃をも修復することの出来ない状況のAさんを救済する・・・・この根本である、万病の根元にアプローチするのが、究極の目的です。

何故ならば、我々の体は、確実な施術方法を既に知っていますから、脳~脊髄、そして末梢への情報伝達・指令が完全になされることにより、判断と施術を自らの内なる働きにより行います。

快方に向かう毎に体のゆがみが矯正されていくという法則があります。 首を一ケ所のみ矯正しただけで、顔のゆがみや足の指が伸びてきた症例写真をご覧ください。

上部頚椎の矯正効果が全身に及ぶことを確認していただけます。
顔のゆがみ矯正効果→こちら 足の指矯正効果 →こちら

※ その後、K子さんは、血液検査の結果も良好になられました。

GOT 50 → 20(正常値10~40)、 GPT 80→35 (正常値15~45)、 総コレステロール 232→185 (正常値120~219)、 中性脂肪 159→135 (正常値30~149)、いずれも平成16年8月14日とH17年2月15日の検査値で、7回の通われた結果です。

(※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

横隔膜のゆがみ矯正により、動悸・不整脈 息切れが改善

長年の経験で感じることですが、動悸で悩んでおられる方の大半は、筋肉の中で最大の面積を誇る、横隔膜の位置異常が心臓あるいは、心臓から出て横隔膜を突き抜けている、腹大動脈を圧迫して、動悸を起こしているケースが非常に多くお腹の冷えも起きてきます。 そして心肺機能の低下も起きてしまいます。

既に胃痛のページでも述べましたが、頚椎4番から出た横隔神経が横隔膜へ伝わっていますから、横隔膜の位置異常により動悸や、実際には心臓が悪くないのに、二次的に不整脈を起こしているのも多く見受けられますが、前述のKさんは、実際に心臓がお悪いのと、この横隔膜の影響を受けているのとの複合型でした。

加えて、頚椎4番で脳からの信号が途絶えがちになり、坂道等で活発に横隔膜の収縮をなさねばならぬ時に、満足に全身への酸素供給を行えない為、更に心臓の鼓動を速くすることで補おうとして、動悸につながっていくという極めて悪循環のパターンです。

パニックトラブルの「パニック発作」も横隔膜のゆがみから !

突然起こる激しい動悸である「パニック発作」も、横隔膜が原因です。
激しい動悸を心臓病に結び付けて、より不安感が増して心配になり、長いあいだ苦しまれている場合でも、横隔膜の位置が正しくなると短期間で良くなられることがあります。
(※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

ちなみに、しゃっくりは、横隔膜の痙攣(けいれん)なのです。

頭痛で後頭部がずきずき痛む方が、頭痛に伴う吐き気症状を伴いやすいのは、後頭部の張りと同時に首の骨が歪み、横隔膜がゆがんで発症することが多いのです。

十全治療院のカイロプラクティックは、もちろん頚椎4番は直接矯正することはいたしません。 もう少し上の上部頚椎のたった一箇所を矯正するだけで、横隔膜のゆがみである位置異常も正常へ向かいます。

十全治療院にいらっしゃった、直筆 ご来院者の声

「1回目での帰り道、自宅へ向かうバスの中で不整脈が消えていることに気づきました。」

(※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

(1) 不整脈 整体施術体験談

(2) 不整脈 整体施術体験談

福田 正一から、山口 英理子 様への一言

深刻な不整脈にも対応したのは、全てご自身のカラダの中に自然に備わっている働きです。
人体最大の筋肉である横隔膜のゆがみが正されることにより体調が改善されるのです。

横隔膜は呼吸にも影響しますから、同時に体を動かすのも億劫だったのが楽になれるのです。

ご予約

ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598 ご予約の前に…
受付時間
10:00~19:30×××
月・金・土・日:10:00~19:30
火・水・木:休診日

※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

ページトップ