東京 南青山 創業1989年、13万人の実績。土日祝日も営業、表参道駅から徒歩1分

十全治療院[ 東京 南青山 創業 1989年 ]

自然無痛整体

受付時間

受付時間※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

受付時間
10:00~19:30×××
CLOSE

よくある質問

Q. まぶたが重くてたるんでしまっているのですが、まぶたを上げることはできますか ?

A. まぶたの筋力がアップすると、まぶたが上がってきます。

  1. 「まぶたが重い」
  2. 「二重が分厚くなってきた」
  3. 「左のまぶたが下がって、左目が小さくなってきた」
  4. 「まぶたが重くて、まばたきできない」
  5. 「おでこにしわを寄せないと、まぶたが上がらない」

まぶたの筋肉がしっかりと力が入らない状態で「眼瞼下垂」とも呼ばれている状態に陥っています。

このような訴えをよく耳にします。これらの不調すべてに原因があります。

衰えたまぶたの筋肉を蘇らせる鍵は、首にあります。

背骨の首の部分の7個の骨は頚椎と呼ばれていますが、頚椎の周りにはまぶたの筋肉へとつながっている神経の核が沢山あります。

首が歪んでいてこのまぶたへ向かう神経の核が圧迫されていると、まぶたの筋力が弱くなって、しっかりとまぶたの筋肉が収縮できないためにまぶたが下がってきます。

逆に、頚椎の歪みがとれて首からの神経がまぶたの筋肉にスムースにつながって、電気のスイッチが入るように正常に動作するようになってくるとまぶたが自然に上がっていきます。

まぶたが重く下がってしまっている眼瞼下垂に対しても、十全治療院では首の一点矯正で対応します。

cb.png(※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

>施術の方法と特長のページへ
眼瞼下垂 まぶたのたるみ原因のページへ
顔の歪み矯正例のページへ
よくある質問の一覧へ

ご予約

ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598 ご予約の前に…
受付時間
10:00~19:30×××
月・金・土・日:10:00~19:30
火・水・木:休診日

※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

ページトップ