東京 南青山 創業1989年、13万人の実績。土日祝日も営業、表参道駅から徒歩1分

十全治療院[ 東京 南青山 創業 1989年 ]

自然無痛整体

受付時間

受付時間※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

受付時間
10:00~19:30×××
CLOSE

体の悩みと原因

その他 体の悩み/症状:スポーツ整体

スケートと骨盤のゆがみ矯正

スケート滑走の蹴り足には、強靭なハムストリングが重要

スケートのフットバランスに重要な、骨盤のゆがみと股関節の位置

スケート競技では、重心の安定を図るのにバランス良く体重移動を行うことも肝心です。股関節から足首足底感覚(フットバランス)、この連携が重要な片足に体重を乗せて滑るものですから、体のゆがみから体軸のズレがあれば致命的です。

軸足で体重を支える力、ふらつかない安定性を保つバランス等、これらには足の始まりである股関節のしっかりと安定した動きが必要です。 骨盤のゆがみがなく股関節が定位置に収まっていることにより、体軸もぶれずに安定したスケートの滑りに近づくはずです。

股関節は球関節と言って、臼状の関節窩(凹状の関節を受け)に球状の大腿骨頭が収まっているのですが、股関節の位置が悪いと、関節の中でボール上の大腿骨頭がうまく回転しませんから、股関節の痛みにつながったりします。

股関節のゆがみをチェックする方法

この股関節の位置異常を調べる簡単な方法ですが、仰向けになって膝を立てて、自分自身ではなく、誰かに脛のあたりを両手で押してもらって、膝を胸の方向へ曲げていきます。

この時に、右や左に蛇行する場合は、股関節の中で大腿骨頭がうまく回転せずに動いている証拠ですから、股関節の状況はかなり悪いと言えます。あるいは、膝の痛みに悩まされているかもしれません。

このように股関節の中の動きが滑らかでないと、歩いている時も不自然なブレのある足の運びになってしまいますので、ましてスケートの繊細な滑りにも悪影響を与えてしまいます。

O脚やX脚も、この股関節の位置異常からきていると言えます。

その他、同じ仰向けで膝を少し曲げた状態(床面から10cmくらい離れたところ)で左右の膝の高さに差が出ていたり、最大限に曲げてみても膝と胸が接触しないのも、股関節の位置異常を表しています。

ハムストリングス(体をそらした時に支える力)のチェック!

仰向けになって膝を立てているついでに、もう一つの重要なテストですが、足底全体を床面にくっつけた状態で、左右の内くるぶしと親指の内側を接触したままで、お尻を上へ持ち上げた時に骨盤が傾いたり、ぴたっと止まらず揺らいでしまうようですと、これもまたスケート競技には不利な状況です。

これは、背筋力も少し含まれますが、後大腿筋(ハムストリング )といって太ももの後ろ側についている筋肉がうまく収縮しないので、体を反らした時に支える力が足りないため、ふらついたり傾いたりするのです。

スケート選手は、フィギュアスケートでもスピードスケートでも、片足を上げて背面に体を反らすわけですから、このハムストリングスの筋力は重要なのです。

上記の2つのテストは、十全治療院で施術前と後の効果確認をしていただくために行っている日常のテストです。

上部頚椎矯正で、スケートが上手くなる !

上部頚椎のたった一箇所を矯正するだけの方法ですが、その効果は全身に及び、顔のゆがみの矯正がなされたり、足の裏の痛み施術になって足の指が伸びてきたりするのも、自らの力で修復に導く自然療法の一つの表れです。

スケートでの転倒での尾てい骨強打の跡を抱えていらっしゃる方はスピードが出ている上に氷上で足をすくわれて尾骨強打してしまったのですから、尾骨も大きく曲がってしまいます。
スケート選手の調整は、フットバランスを整えて、軽やかな滑りに !

股関節の動きをチェック

正面にどこまで深く曲がるか、試してみましょう。 ただし、無理は禁物 !
股関節痛の左右方向の柔軟度も調べてみましょう !

股関節痛の正面方向の柔軟度チェック
股関節痛の左右方向の柔軟度チック

ご予約

ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598 ご予約の前に…
受付時間
10:00~19:30×××
月・金・土・日:10:00~19:30
火・水・木:休診日

※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

ページトップ