東京 南青山 創業1989年、13万人の実績。土日祝日も営業、表参道駅から徒歩1分

十全治療院[ 東京 南青山 創業 1989年 ]

自然無痛整体

受付時間

受付時間※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

受付時間
10:00~19:30×××
CLOSE

よくある質問

Q. 夜中にのどが詰まって苦しくなって目覚めます。よくなりますか ?

A. のどの奥のスペースがひろがると、改善のきざしが現れてまいります。

夜中にのどが詰まって呼吸が止まったり、息苦しくなるのは、気道が詰まって空気の通りが悪くなっているからだと思われます。

日中眠くなるようなことが度々あったり、疲れやすい状況ですと、睡眠時無呼吸症候群(SAS)になっているかもしれません。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)が起きるしくみ

夜寝ている時にのどが狭くなっている場合、気道が塞がっていて肺へ空気が十分に流れていない状態なので、血液を介して全身へ流れる酸素が不足している状態です。酸素不足のまま眠っていることになりますから、疲れが取れにくくなってしまっています。

いびきと睡眠時無呼吸症候群
いびきの原因 施術
(※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は血中の酸素濃度が低下している状態で、長い間放置していると、8年後の生存率が6割を下回るともいわれているくらい大変な状態です。

気道を圧迫していた首のカーブが正しくなり、頭蓋骨の歪みがとれて口蓋垂(のどちんこ)の周囲のスペースがひろがれば、改善のきざしが現れ始めます。

以下のように、喉仏の歪みが変われば喉のつまりが減ってくるはずですから、鏡をみて喉仏の状態を確認してみてください。

喉仏の歪みの施術後
施術前

喉仏の歪みの施術後
施術後
(※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

>施術の方法と特長のページへ
>喉 詰まりと喉の違和感のページへ
>鼻づまりをなおすためにのページへ
睡眠時無呼吸症候群(SAS)といびきの息苦しさのページへ
首の痛みと頸椎のページへ
よくある質問の一覧へ

ご予約

ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598 ご予約の前に…
受付時間
10:00~19:30×××
月・金・土・日:10:00~19:30
火・水・木:休診日

※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

ページトップ