東京 南青山 創業1989年、13万人の実績。土日祝日も営業、表参道駅から徒歩1分

十全治療院[ 東京 南青山 創業 1989年 ]

自然無痛整体

受付時間

受付時間※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

受付時間
10:00~19:30×××
CLOSE

体の悩みと原因

頭蓋骨のゆがみが原因/症状:鼻づまり・いびき

いびき・睡眠時無呼吸症候群の施術 睡眠妨害

「いびきをかいているのかも」と心配になることは、ありませんか ?

いびきが原因で、良く眠れないという悩みを抱えていませんか ?

いびきは、鼻腔の中の粘膜やのどの奥の咽頭がふるえて音が出ると言われています。

では何故、喉の奥の咽頭がふるえるのでしょうか?それは体のゆがみが鼻づまりを起こしたり、のどの奥の咽頭の空間を狭くしていたり、首のカーブの異常が上気道(のど)を圧迫しているからです。

体のゆがみが体内に空気を出し入れしている空間にゆがみをつくります。そして呼吸を妨害している時にいびきが生じるのです。

頭蓋骨のゆがみ・首のゆがみ(頚椎のゆがみ)でいびき抑制ができなくなり、呼吸をすると空気抵抗でのどの奥(咽頭部)周辺が振動して睡眠いびきが出るのです。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)・いびき原因は、顔のゆがみ (頭蓋骨の歪み)

  1. 1. 鼻中隔彎曲症の鼻ゆがみの辛さとして、鼻づまり
  2. 2. 顎のゆがみが舌を圧迫して、舌でのどをふさいでいる
  3. 3. 首のゆがみから、頚椎のカーブが影響して、のど(上気道)が狭くなっている

首のカーブといびきの因果関係は深く、むちうちになってストレートネックやミリタリーネックになっていると、いびきがひどくなる傾向になるでしょう。

例えば、首がストレートネックのようにカーブが悪くなって上気道(鼻腔・咽頭・喉頭)が狭くなっているといびきの原因になります。

頚椎のゆがみから咽頭にも圧迫が起きて狭くなり、鼻のゆがみにより鼻づまりが起きて鼻で呼吸がしづらくなり、口で呼吸をするために気道を確保しようとして頭を上に向けた状態になります。そうすると、さらにいびきをかきやすい方向へ向かってしまうのです。

ただし飲酒後や、疲れがたまっている時などの一時的ないびきであれば、誰にでもいびきをかく可能性がありますので、心配はございません。

花粉やアレルギー性鼻炎も、頭蓋骨の歪みが原因

鼻粘膜に炎症もあり鼻づまりを伴う花粉・鼻炎で苦しんでいらっしゃる方は、いびきをかく可能性も高くなっています。

鼻粘膜がただれているということは、喉の粘膜も炎症を起こして腫れていますので、さらに上気道を狭くしてしまいます。その結果、悪循環に陥り、いびきはひどくなる一方です。

試しに鼻が曲がっている人はスポットライトを当てて、鼻の穴から鼻腔を覗いて見て下さい。鼻の穴の大きさと形の違いもありますが、鼻粘膜が赤く腫れ上がっているのを発見することでしょう。

いびきを放置しておくと、やっかいな睡眠時無呼吸症候群に

いびきが酷くなると、睡眠時無呼吸症候群(SAS: Sleep Apnea Syndrome)といって、睡眠中に呼吸がたびたび止まるという症状が出ることもあります。

無呼吸症候群の原因は、仰向けに寝ている時に舌根(舌の根元)が喉の方向へ落ち込んで、空気の通り道である気道を塞ぐことだと言われています。

無呼吸症候群の方は、口蓋骨が下がり、舌が上へと膨らんでいて、気道の入口が狭くなっているこのページ下部の症例写真と同じような状態になっています。これがいびきや睡眠時無呼吸症候群(SAS)の辛さを抱えている方の特徴です。

無呼吸の原因も顔ゆがみであり、とくに頭蓋骨のゆがみが関係しています。ご自身の喉の奥を鏡に映して確認してみて下さい。のどが狭くなっていると呼吸が十分ではなくなり、酸欠状態になるため熟睡できません。

日中に激しい眠気を伴い集中力と気力が低下することで、仕事に支障をきたし、更には不整脈・息切れ動悸などの心臓や血管の病気にもつながる怖い病気です。

一般的な、 いびき・無呼吸症候群の対策として、CPAP装置(シーパップ)があります。マスクを着用しての睡眠はとても不快で、苦しくて使用しない方もいらっしゃいます。

根本の原因を絶ち、いびき改善で、熟睡してスッキリ目覚める

顔のゆがみ矯正で改善する、睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)について !

◆ 十全治療院の睡眠時無呼吸症候群(SAS)・いびき施術の目的

  1. 1. ご来院者に、今日からでも睡眠時無呼吸症候群(SAS)・いびきを克服していただくこと
  2. 2. ご来院者の睡眠時無呼吸症候群(SAS)・いびきを改善して、快眠と健康を維持していただくこと
  3. 3. ご来院者の睡眠時無呼吸症候群(SAS)・いびきが改善され、ご家族への迷惑をなくすこと

表面上のいびきをとりあえず抑えることはできても、根本の原因を絶つ方法にはなっていないのではないでしょうか ?レーザーのいびき手術もありますが、100%修復する保証はないため、誰しも一抹の不安や心配を抱いてしまうものです。

マウスピース、いびき防止枕などのイビキ防止グッズに頼らず、いびき手術も不要な一時しのぎではないびき改善方法について説明します。

上部頚椎カイロプラクティックでは、いびきも体のゆがみから起因するという考え方です。施術を行うと、 頚椎前弯(けいついぜんわん)の首が正常なカーブになり、頭蓋骨のゆがみが改善すると鼻のゆがみも取れ鼻づまりが楽になります。

鼻づまりがなくなると口を閉じて寝ることができます。 鼻の通りが良くなって自然と鼻呼吸が出来るため、いびきの悩み解決といびき予防・対策になるのです。

いびきや無呼吸の予防には、鼻づまり改善が大切です。鼻のゆがみ矯正により、鼻呼吸が楽になり口を閉じて寝ることが可能になります。

したがって、狭くなった喉の空間も確保されて、総合的にいびきが改善されるかたちになります。「翌日仕事があるのに、いびきがうるさくて眠れない」、「睡眠不足がたたって、体調を崩す」などの、周りの方の睡眠妨害になる迷惑をなくしてあげましょう。

顎を前方に保持しようとして舌根が咽奥へ落ち込んでいる状態になるのを防ぎ、上気道の空気の通り道を確実にします。頭蓋骨の歪み矯正により、いびきを根本的に改善できます。

このような総合的な改善により、空気の通り道が鼻孔入口部に確保されて、咽頭部で起きるいびきの改善がなされます。

いびきのみの改善効果だけではなく、いびきの影響により狭まっていた気道が広がり、睡眠不足も改善されてまいります。十分な呼吸ができなくて酸素不足になり疲れがたまりやすいという、今までの悪循環も改善に向かいます。

上部頚椎への矯正により、同時進行で体のゆがみも改善されてまいります。例えば顔のゆがみが改善されたり、変形した足の指が伸びている施術後と後の写真をご覧ください。自然修復の様子をご理解いただけると思います。

いびき対策になる、寝具の工夫

手技による上部頚椎のアジャストメントを行った場合、施術後に休息用のベッドで仮眠をとっていただきますが、MOGULAX FUMA 2 パウダーピーズピロー(30cm × 48cm)の発泡スチロールからできたパウダービーズが枕袋の中に入っています。

出し入れ用のファスナー付きですので、中身のパウダービーズは、ストレートネックのご来院者のために後頭部の丸みを考慮して少なめに充填しています。

この特製快眠まくらが好評で、「まくらが快適で、気持ち良くぐっすりと深く眠れました。同じまくらを自宅でも使ってまくら快眠にしたいので、見せてもらえませんか ?」とのお声を頻繁にかけていただいているくらいです。

枕を低く設定していても敷布団あるいはベッドが柔らか過ぎると、臀部が深く沈んで頭部が持ち上げられるような形になってしまい、結果として枕を高くしているのと同様になります。適度な硬さを備えた敷布団が必要ですし、柔らか過ぎるものを硬くするのは不可能ですので、硬めのマットレス等を選んで、ベッドパット等で調節して行くのが賢明でしょう。

このように、リラックスできる寝具の工夫もいびき防止には必要です。
睡眠時無呼吸症候群(SAS)・いびきの改善は上部頚椎カイロプラクティックで!

睡眠時無呼吸、いびき、睡眠
無呼吸の原因 施術後
(※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

いびき、軽減、楽、無呼吸
無呼吸の原因 施術後
(※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

いびき、口の中、改善
いびきの原因 施術後
(※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

睡眠時無呼吸、集中力
無呼吸の原因 施術後
(※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

睡眠、質、いびき、口
いびきの原因 施術後
(※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

鼻づまり、いびき、喉のつまり
いびきの原因 施術後
(※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

睡眠時無呼吸、集中力、不安
無呼吸の原因 施術後
(※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

鼻炎の対策は、鼻のゆがみ矯正鼻の断面図で、花粉の原因となる、鼻のゆがみを検証鼻の穴の形の左右差は、鼻炎の原因になる

ご予約

ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598 ご予約の前に…
受付時間
10:00~19:30×××
月・金・土・日:10:00~19:30
火・水・木:休診日

※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

ページトップ