東京 南青山 創業1989年、13万人の実績。土日祝日も営業、表参道駅から徒歩1分

十全治療院[ 東京 南青山 創業 1989年 ]

自然無痛整体

受付時間

受付時間※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

受付時間
10:00~19:30×××
CLOSE

体の悩みと原因

女性の悩み/産後のひだち

産後の肥立ち

産後ケア 体の歪み矯正

整体と産後の肥立ち

産後の体形戻しのための 骨盤矯正

産後にゆっくりできなくて、うまく回復せずに産後の肥立ちが悪くなっていませんか。

出産という過酷な状況を乗り越えた後、保育所または幼稚園に上がる頃までは、身も心も休まる暇もない毎日を送らなければなりません。

その時に体調が良好であれば何とか乗り切れるでしょうが、産後の肥立ちが悪く体調不良が続くと大変です。

子育ては、授乳からおむつ交換などかなりの体力を要しますので、産後の体調がしっかりしていないと気持ちの上での余裕もなくなりますし、お子さんにゆったりとした気持ちで接することもできなくなり悪循環です。

産後の肥立ちが悪くなる原因とは

産後の肥立ちが悪くなる一番の原因は、分娩時に開いた骨盤が定位置に戻らずに、いびつな形で開いたまま納まってしまい(産後からO脚になっているケースが多いです)、ひいては腰痛や背部痛、ひどい肩こりに苦しんだり、将来においては生理痛を招いたりもします。

腰痛の予防対策にもなる骨盤矯正は、産後の体形戻しのための骨盤矯正にもなり、ヒップを下から高く持ち上げて臀部を丸く整え、骨盤をしっかりサポートするように骨盤の歪みを改善するには、体全体の歪み矯正が大事です。

体幹を支えているインナーマッスルである大腰筋と、ハムストリングの拮抗バランスがとても重要です。

>腰痛持ちから抜け出すのページへ
>生理痛と生理不順の原因のページへ
>O脚矯正・X脚矯正のページへ

自然分娩が理想

自然分娩で助産婦さんの手助けで、ゆっくりと時間をかけて出産するのが自然な形なのですが、最近は助産院ではなく、病院にて出産される方が大半を占めていますから、当直医師の勤務時間の都合などで分娩促進剤を使用することが多く、これが産後のひだちを悪くしている第一の元凶です。

なおかつ自然分娩よりも産後の体形戻しにも手間取り、悩まれる方も結構いらっしゃいます。

ただし出産後の体は不安定な状態ですから、家事を頑張り過ぎたり急に体形を戻そうとしたりすると、骨盤に負担をかけて、腰痛などを招く結果となりますから要注意です。

平均的には、子宮は1ケ月ほどで元の状態に戻るのですが、筋肉や骨盤は3~6ヶ月かかると言われています。

産後は、開いた骨盤が閉じるまで時間を要し、骨盤底筋も緩んだままで不安定な状態ですから、骨盤内臓器も下がっていて尿道などを刺激して尿漏れなども起こしやすくなります。

このように骨盤がゆるんでいると、腰痛になやむことにもなり、血行も悪くなってむくみや冷えにつながることもあります。

産後には最低3週間ほどの安静が必要なのですが、最近では産後5~7日で退院の施設が多く、充分な産褥(さんじょく)期間を設けられていないのが現状です。

産褥とは、妊娠および分娩によっておこった性器と全身の変化が、妊娠前の状態にもどるまでのことをさし、産褥期間は一般的に6~8週間とされています。

産後の1~2ヶ月は授乳に専念して、家事を無理してこなさないように、あるいは重い物を持たないようにして、無理な姿勢で骨盤に負担をかけないように努めて下さい。

産後の骨盤の開き

「出産後に恥骨と仙腸関節が痛くて歩けない」「尾てい骨の痛みで、座れない」などの訴えがありますが、これは骨盤の歪みから、骨盤のつなぎ目が正常な位置ではなくなり、歩行する時に強い痛みが出てしまっているということです。

授乳中のお母さんへのアドバイスですが、ソファーによっては負担がかかってしまい、骨盤の歪みに繋がることがあり、クッションを背中にあてたりお尻に敷いたりすると、背中の張りが軽減されることが多く、特に授乳時は、骨盤が安定してバランスが取りやすい椅子を選ぶのが得策です。

胎児は子宮の中では、頭蓋骨のつなぎ目である縫合部分の隙間が大きく開いていますから、乳児の頭頂部の泉門は大人と違って大きく開いていて、手を触れることは昔から戒められています。

子宮の中の胎児は、泉門以外の縫合部分も隙間が開いていますから、出産時にゆっくりと産道を通ることにより、その縫合が閉じて産道を通っている間は頭が小さくなります。

誕生直後から、再び頭の縫合部分の隙間が開くというプロセスが、陣痛促進剤で強制的に早められるために、産道を通る時に胎児は頭蓋骨に損傷を受け、母体もダメージを受けることになります。

最悪の場合は、子宮破裂という事故もあるそうです。そこまで至らないまでも、この分娩促進剤による母体へのダメージは想像していただけると思います。

分娩促進剤と併用して行われることがある、鉗子分娩や吸引分娩も、 胎児が産道を通過する速度が早くなるために、自然分娩よりも母体にも過度の負担が掛かり、 産道の外傷の起きる確率も高いようですが、骨盤にもひずみが残って、腰痛や股関節の痛みによる歩行困難で当院にいらっしゃる方も多いのです。

>足冷え 血流促進のページへ
>尾てい骨強打 打撲の痛みのページへ
>股関節の痛みのページへ

お子さんの出産時の顔の歪みについて

このように出産時に頭部が歪んでしまうと、誕生の時点から健康を損ねて、諸々の体調不良を伴ったまま成人することになり、共通してよく起きることは、ベースであるあごが歪み、顎関節症のつらさが出てきます。

そして歯並びが悪くなり、歯列矯正へと結びつき、その結果として顔が歪んでいきます。

顔が歪むということは、眼のレンズの張り方も正常ではなくなり、その結果として近視・乱視になり、眼鏡やコンタクトレンズのお世話になってしまうことがあまりにも多いのです。

1970年代の映画俳優さんは、洋画・邦画ともきれいな顔立ちをしていますが、この年代に活躍した方が生まれた時には、陣痛促進剤のお世話になっていなくて、自然分娩が大半を占めていたのだろうと想像しています。

ちなみに、今現在もオランダでは90%が助産婦さんの力添えで自宅分娩、英国でも60%にのぼるそうです。

>顎関節症のページへ
>顔の歪み矯正例のページへ

産後の体形戻し

産後の体形戻しの目的でいらっしゃる方で、分娩促進剤や吸引で出産された方は、骨盤の歪みが大きく残っています。

おへその両側のお腹の幅が違っているのと、お尻に手を当てておしりの割れ目から手のひらを外側に向かいなぞっていくと、お尻の幅や臀部の膨らみ方に差があるのは骨盤が大きく歪んでいるからです。

このような悪条件の元で体調をくるわせて、お母さんとお子さんがペアで、十全治療院の施術を受けに来られるケースが増えてまいりましたが、「母子ともに顔色が悪い」というのが第一印象で、お母さんは疲れきった様子、お子さんは元気がまるでないという状況です。

産後の体形戻しが進み、体の歪みが改善されるにつれて体調も整い、お母さんの腰痛と背中の痛みも緩和されます。

(※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

骨盤の歪み 仙腸関節と恥骨結合
仙腸関節と恥骨結合

妊娠イラスト
胎児イラスト

ご予約

ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598 ご予約の前に…
受付時間
10:00~19:30×××
月・金・土・日:10:00~19:30
火・水・木:休診日

※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

ページトップ