東京 南青山 創業1989年、13万人の実績。土日祝日も営業、表参道駅から徒歩1分

十全治療院[ 東京 南青山 創業 1989年 ]

自然無痛整体

受付時間

受付時間※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

受付時間
10:00~19:30×××
CLOSE

体の悩みと原因

背骨のゆがみが原因/肩こり

肩こり原因改善

マッサージは毛細血管や皮膚にダメージを与える可能性があって危険です。

肩こり背中こりのタイプ:いかり肩タイプと背中こり緊張タイプ

首こり肩こりは非常にうっとうしいもので、日々の生活に支障をきたすこともあるほどです。肩こりの緊張が四六時中とれないとイライラも募り、決して穏やかな心境ではないものです。

指で押しても揉んでもほぐれないような深部の肩こりを感じている方は、いかり肩になって肩の緊張が極度に達しているパターンが多いです。

肩こりがあると眠りが浅くなったり、後頭部頭痛頭が重くスッキリしないという状態が伴ったり、疲れやすくなったりなどのその他様々な不調を招いてしまいます。病院ではっきりと特定の病名を診断してもらうことができないような全身の不調へとつながってしまい、快適に過ごすことが出来ないような状態に陥ってしまいます。

肩の筋肉の緊張が続く肩こり いかり肩タイプ

肩が緊張している状態が外観からも判別できるのは、いかり肩タイプです。常に肩が緊張していて緩まない状態ですから、肩を見れば凝り固まっているのが一目瞭然です。スポーツや武道の世界ではよく「肩の力を抜け」と言われますが、肩に力が入るのは体のゆがみが原因で、体形の上で肩に緊張が常に伴っていることがわざわいしている可能性があります。そしてそのような場合、指導者がどうしよう。

左右の肩幅が均等ではなく、片方が圧縮されて幅が狭くなっているタイプはなおさら強い肩こりに襲われている傾向があります。肩幅が狭くなっているということは、骨格全体が大きく曲がって体のゆがみを生じていることの表われです。座っている時も立ったり歩いたりしている時も体が偏っているため、ゆがみを放置したままだと体のあちこちに不都合を生じてしまいます。

つまり、肩こりに関しては「いかり肩」から「なで肩」に体形が変わらないと、幾ら努力しても肩は緩まず力んだままです。 いかり肩の人は肩の筋肉の緊張が強く頭痛が起きやすいのです。

十全治療院に初めていらっしゃる方の約80%にはいかり肩の傾向が見られます。いかり肩に象徴される全身のゆがみが様々な体の不調をもたらしていることが推測できます。

全身のゆがみが正されて、肩こり、その他カラダの不調の表われである「いかり肩」の状態が「なで肩」へと向かっていくことが理想的です。

背中 肩甲骨 痛みを伴う肩こり (背中緊張型タイプの肩こり)

もう一つ、見るからに背中こり肩こりがあるだろうと言えるタイプは、胸が反っていて左右の肩甲骨が寄り合って、背中が中心に向かって縮んでしまっている背中こり緊張型の肩こり首こりタイプです。

左右の肩甲骨が内側に寄って、とんがったように後方に出っ張っている体の歪み方をよく見かけます。肩甲骨が歪んで左右の位置がずれているタイプは、背中の筋肉に緊張が起きて肩甲骨背中こりや肩こりが出やすいのです。

他にも、骨盤ゆがみと傾きによって背中と肩を引っ張って肩の筋肉に緊張を及ぼしているケースも多く見受けられます。
例えば骨盤の前傾過多(出っ尻)と後傾過多(へっぴり腰)は、いずれも背骨の両脇にある脊中起立筋の緊張を招き、肩の筋肉にも緊張を及ぼします。

「石のように硬い、頑固な肩こりです」と訴えられる方の中には、先述のいかり肩タイプと背中緊張型タイプの肩こりの二つを兼ね備えた複合型の方もいらっしゃいます。さらに悪化すると腰痛頭痛肩こりに伴う吐き気などが同時に現れることがあります。

肩こり 真の原因

「肩こりは、肩の部分の筋肉が緊張し、血行トラブルを起こしている」などと言われています。 結果としてはそうかも知れませんが、実は肩こりは様々な要因が絡み合った結果として肩につらさが出ているので、けっして肩だけの問題ではありません。

骨格や筋肉の全てが神経ネットワークとつながり、関連し合いながら絡み合い一体となっていますから、肩こりを根本的に修復するには全身が整っていかないといけないのです。

肩こりに影響している要因の例

  1. 首のカーブ ストレートネック (特に頚椎の周囲にある星状神経節の神経圧迫)
  2. 肩甲骨のゆがみ
  3. 頭のゆがみ、足底アーチ
  4. 骨盤歪み (骨盤の歪みが背中の筋肉を引っ張って肩に緊張を及ぼしている)

肩こりもゆがみの結果の一部分です。つまり、肩こりも全身に起きている体のゆがみの積み重なった結果なのです。

肩こりを自力で回復 肩こり改善法

首こりや肩こりのために首をまわしたり、肩を揉んだり、さすったり温めたりしても、一時しのぎにしか過ぎません。それらの方法はその場かぎりの肩こり改善法であって、その時気持ちよく感じるだけですぐにぶり返します。

逆に肩もみによって肩や首・背中周辺の筋肉繊維がもつれあってしまい、かえって肩こりの原因を作ってしまうことにもなりかねません。背骨も同様に、押すことによってさらにゆがむ危険性が高いです。

「最近肩がこらなくなった」という修復のしかた ~ 上部頸椎の矯正

十全治療院では、上部頸椎の矯正によって肩こりも自力で修復できるよう導きます。
肩や背骨などに直接手を触れることのない、首一点の矯正なので安全です。

>施術の原理と方法のページへ

矯正によって脊髄神経への圧迫が取れてくると、脳からの指令が全身にうまく行き届くようになり、自然に全身の骨格が正しい位置へと移動していきます。

それによって肩こりの原因となっていた全身のゆがみがとれ、肩や首、背中へかかる緊張が緩和されていき、施術を重ねるうちに「気が付けば最近肩がこらなくなった」というように肩こりが自然によくなっていくのです。

十全治療院では、施術による変化を確認していただくために矯正前と矯正後のゆがみの差チェックを行っています。

顔のゆがみの差や背骨のゆがみの差、ゆがんだ足の指が伸びていることなどをご自分の目で確認していただいております。特に顔のゆがみや足指のゆがみは変化が確認しやすい部分となっています。

先述のように「最近、肩がこらなくなった」とのお声がよく上がるのですが、そのようにおっしゃる方はいかり肩からなで肩になっているのが目に見えて確認でき、背中緊張型も改善されています。
(※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

労働の疲労による肩こりは全く起きないとは言えませんが、健康体であれば適度な休息を取れることでそのような肩こりは自然に回復します。

根本の肩こり原因である体のゆがみの改善を目指しましょう。

肩こり改善 体験談 (ご来院者様の直筆の声)

「現在は、あの頃のような吐き気のするような肩こりや頭痛、あごの痛みなどは全くありません。まるでうそのようです。 」

(※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

(1) 歯の食いしばり整体の感想
(2) 歯の食いしばり整体の感想
(3) 歯の食いしばり整体の感想
(4) 歯の食いしばり整体の感想


福田 正一から、小林 真美 様への一言

頑固な肩こりが改善し始めたのは、首の骨のズレを一ヶ所矯正したことで脳の力が働いて体の歪みに作用したことの結果です。

矯正により脳からの命令が全身に届くと、首肩のコリも自力で改善していくことができます。

ご予約

ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598 ご予約の前に…
受付時間
10:00~19:30×××
月・金・土・日:10:00~19:30
火・水・木:休診日

※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

ページトップ