東京 南青山 創業1989年、13万人の実績。土日祝日も営業、表参道駅から徒歩1分

十全治療院[ 東京 南青山 創業 1989年 ]

自然無痛整体

受付時間

受付時間※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

受付時間
10:00~19:30×××
CLOSE

体の悩みと原因

その他 体の悩み/スポーツ整体

テニスと体の歪み

テニス肘や手首の痛み 膝の痛み 腰痛などに、悩まされていませんか ?

テニスプレーヤー故障の対策

テニス肘・テニス膝・テニス股関節

テニスは激しい動きを伴うスポーツで、テニス肘やテニス膝やテニス股関節などの痛みを起こしやすいのです。

部活動などで激しい練習に明け暮れた場合は、背骨がよじれてかなり体がゆがんでいることが多いです。

ゴルフの方が、テニスよりももっと体のゆがみを作ってしまうように思われがちですが、実際に観察していると、テニスの方が体のゆがみを作ってしまう度合いは大きいようです。

原因としては、テニスの方がゴルフよりもスタンスを広くとったり体を捻る角度が大きかったりする場面が多いことが考えられます。

熱心に練習を積まれた方ほど、特に骨盤がよじれてしまって、いかり肩になって、頭の軸が傾いていることが多いです。

このような状態でプレーを続けていると、テニス肘や手首の故障・膝の痛み・股関節痛・腰痛などに悩まされることにつながってしまいます。

テニスプレーヤーの動きを観察していると、特にバックハンドで振ったときに肘が伸びきってしまう関係で、過伸展の状態を繰り返すうちに肘に過度の負担がかかることが原因で肘を痛めるケースが多いようです。これがいわゆるテニス肘なのです。

>体のゆがみ矯正のページへ
>ー骨盤矯正のページへ
>ーひざの痛みのページへ
>ー股関節の痛みのページへ
>ー腰痛のページへ

テニスでよくある、腱鞘炎(けんしょうえん)

親指の付け根の痛みもテニスでの故障の一つで、「腱鞘炎」と判断されているケースです。

テニスラケットのグリップが太い関係で、ラケットを握る際に親指に負担がかかって、親指の付け根の手首に近い所にある関節がズレ(亜脱臼)ていき痛みを伴っているのです。(ドゥケルバン腱鞘炎)

親指以外の指の関節は蝶番関節といって蝶つがいのような形になっているのですが、親指は広い可動域を備えなければならない関係で「鞍関節」という形状になっています。

その名称の通り鞍が乗かっているような形ですので特にズレやすく、この関節のズレが親指の付け根の痛みを招きます。

>ー手首の痛み・腱鞘炎のページへ

十全治療院では、首の一点矯正で、テニス肘に対応します。

この矯正により脊髄神経を圧迫しているズレがなくなると、脳からの指令が全身に行き渡るようになり、手首や肘・膝・腰などに直接施術することなく、テニスで痛めた故障部位が修復に向かいます。

施術によって脊髄神経への圧迫が全身に行き渡るようになると、自らの力で全身の骨格が自然に正しい位置におさまっていきます。

脳は全ての骨格の正しい位置を知っていますから、故障部位の情報が大脳に正しく伝達→大脳からの完璧な指令→故障部位へというサイクルが100%なされるようになってゆがみが矯正されるのです。

全身が対象になり、体の痛み以外にも頭痛や顔のゆがみ・自律神経失調症などの不調も施術によって整ってまいります。

テニスを長年続けてこられた場合は、左右の手の長さにかなりの差が出ていますが、首の一点矯正によりやがて整ってきますので、ご安心ください。

テニス肘は、首の一点矯正で体の軸のズレを整えましょう !

肘のゆがみ・施術後~施術後

(※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

ご予約

ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598 ご予約の前に…
受付時間
10:00~19:30×××
月・金・土・日:10:00~19:30
火・水・木:休診日

※日曜・祝日(火・水・木を除く)は営業いたします。

ページトップ